エクストラタブでの機能の使用 - Cloud - 8.0

Talend Studioユーザーガイド

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Cloud
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発
Last publication date
2024-04-16

[Extra] (追加)タブでは、いくつかのオプション機能パラメーターを提供します。

  • [Multithread execution] (マルチスレッド実行)チェックボックスをオンにして、2つのジョブ実行を同時に開始できるようにします。

  • ジョブでtContextLoadコンポーネントを使用しないように[Implicit tContextLoad] (暗黙的なtContextLoad)オプションパラメーターを設定して、コンテキストパラメーターの使用を自動化します。

    コンテキストパラメーターのソースとして[File] (ファイル)または[Database] (データベース)を選択して、手動でファイルまたはデータベースのアクセスを設定します。

    コンテキストパラメーター設定にリンクする予期せぬ動作に対して通知(エラー/警告/情報)を設定します。

    暗黙的コンテキストロード機能を使ってコンテキストパラメーターを動的にロードする例は、データ統合ジョブの例をご覧ください。

  • 手動で[Implicit tContextLoad] (暗黙的なtContextLoad)を入力すると、[Save to project settings] (プロジェクト設定に保存)ボタンをクリックしてパラメーターをプロジェクトに保存し、別のジョブの他のコンポーネントでそれらのパラメーターを再利用できます。

  • [Use Project Settings] (プロジェクト設定の使用)チェックボックスをオンにして、[Project Settings] (プロジェクト設定)ビューで定義されているコンテキストパラメーターを取得します。

    [Implicit tContextLoad] (暗黙的tContextLoad)オプションが使用可能になり、すべてのフィールドが自動的に入力されます。

    コンテキストパラメーターの詳細は、コンテキスト設定をご覧ください。

  • [Reload from project settings] (プロジェクト設定からリロード)をクリックして、コンテキストパラメーターリストを、プロジェクト設定からの最新のコンテキストパラメーターでアップデートします。