インデックスの作成とコンソール出力を設定する - Cloud - 8.0

Synonymインデックス

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 類義語インデックスコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 類義語インデックスコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > 類義語インデックスコンポーネント

手順

  1. tSynonymOutputをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  2. [Index path] (インデックスパス)フィールドに、インデックスを作成する必要がある場所を入力するか、参照して選択します。
  3. [Operation] (操作)フィールドで、この作成された索引および関連する同義語に対して実行する必要がある操作を選択します。この例では、[(Delete and) initialize an index] ((削除後)インデックスを初期化)を選択します。
  4. [Entry] (入力)フィールドで、参照エントリを受け取って保管するために使うカラムを選択します。このシナリオでは、 FirstNameカラムが参照エントリを保持しているため、FirstNameを選択します。
  5. [Synonyms] (シノニム)フィールドで、シノニムを受け取って保管するために使うカラムを選択します。このシナリオではNicknamesを選択します。
  6. tLogRowコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューで[Table] (テーブル)オプションを選択して、ジョブ実行結果の読みやすさを向上させることができます。