コンポーネントの設定 - Cloud - 8.0

System (システム)

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > システムコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > システムコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > システムコンポーネント

このタスクについて

このサンプルでは、親ジョブに設定されている値が子ジョブに転送されます。そして、値が変更され、子ジョブの値を採用してから、再び親ジョブに転送されます。

手順

  1. parentJobで、tSetEnvコンポーネントを選択し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックします。[+]ボタンをクリックして変数行を追加し、変数の初期値を設定します。[Name] (名前)フィールドにVariable_1と、[Value] (値)フィールドにParent Job Valueと入力します。
  2. 最初のtMsgBoxコンポーネントを選択し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックします。[Message] (メッセージ)フィールドに、情報ボックスに表示されるメッセージを入力します。これで変数が正しく考慮されたことを確認できます。たとえば: "Parent:"+System.getProperty("Variable_1")には、tSetEnvコンポーネントで設定されている変数(ここではParent job value)が表示されます。
  3. 2番目のtMsgBoxコンポーネントを選択し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックします。[Message] (メッセージ)フィールドに"Parent:"+System.getProperty("Variable_1")行をもう一度入力します。子ジョブに設定されている変数を表示します。
  4. tRunJobコンポーネントを選択し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックします。[Job] (ジョブ)フィールドに、子ジョブの名前(ここではChildJob)を入力します。これにより、親ジョブを実行した時に子ジョブが実行されます。
  5. 次に、tRunJobコンポーネントをダブルクリックして、子ジョブChildJobを開きます。
  6. tSetEnvコンポーネントを選択し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックします。[+]ボタンをクリックして変数行を追加し、変数の初期値を設定します。[Name] (名前)フィールドにVariable_1と、[Value] (値)フィールドにChild Job Valueと入力します。
  7. tMsgBoxコンポーネントを選択し、[Component] (コンポーネント)タブをクリックします。[Message] (メッセージ)フィールドに、情報ボックスに表示されるメッセージを入力します。これで変数が正しく考慮されたことを確認できます。たとえば: "Son:"+System.getProperty("Variable_1")には、tSetEnvコンポーネントで設定されている変数(ここではChild job value)が表示されます。
  8. ジョブを保存し、parentJobに戻ってからF6キーを押してジョブを実行します。