tTransliterate - Cloud - 8.0

Text standardization

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > テキスト標準化コンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > テキスト標準化コンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 標準化 > テキスト標準化コンポーネント

文字列を世界の多数の言語の標準文字セット UCS (Universal Coded Character Set)に変換します。

tTransliterateコンポーネントでは、文字列が表す音声に基づき、元の文字列と同等の文字列をUCSで作成を試行します。

tTransliterateは、世界の多数の言語体系によるテキストを、Unicode標準のレパートリーに基づいて判読可能な文字にエンコーディングします。これにより、元のスクリプトで文字が残されている場合よりも、異なる言語の単語を認識して解釈しやすくなります。UnicodeおよびUnicode標準の詳細は、UnicodeおよびUnicode標準をご確認ください。

ローカルモードでは、Apache Spark 2.4.0以降のバージョンがサポートされています。

デフォルトで、このコンポーネントはTalend Studioと共には出荷されていません。機能マネージャーを使ってインストールする必要があります。 詳細は、機能マネージャーを使って機能をインストールをご覧ください。

Talendがサポートしているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。

使用しているTalend製品に応じて、このコンポーネントは次のジョブフレームワークの1つ、一部、またはすべてで使用できます。

  • 標準:tTransliterateの標準プロパティをご覧ください。

    このフレームワーク内のコンポーネントは、Talend Data Management Platform、Talend Big Data Platform、Talend Real Time Big Data Platform、Talend Data Services Platform、Talend Data Fabricで利用できます。

  • Spark Batch:Apache Spark BatchのtTransliterateプロパティをご覧ください。

    このフレームワーク内のコンポーネントは、ビッグデータ対応のTalend Platform製品すべて、およびTalend Data Fabricで利用できます。

  • Spark Streaming:Apache Spark StreamingのtTransliterateプロパティをご覧ください。

    このコンポーネントは、Talend Real Time Big Data PlatformおよびTalend Data Fabricで利用できます。