コンポーネントを追加してリンク - Cloud - 8.0

tXMLMap

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap
データガバナンス > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > 変換処理コンポーネント > tXMLMap
Last publication date
2024-02-28

手順

  1. 新しいジョブを作成し、コンポーネント名をデザインワークスペースに入力するか、または[Palette] (パレット)からドロップして、tFileInputXMLコンポーネント、tXMLMapコンポーネント、tLogRowコンポーネントを追加します。
  2. tFileInputXMLコンポーネントCustomersに機能がわかるように名前を付けます。

    ワークスペース内で使うコンポーネントは、必要に合わせて名前を付けることができます。コンポーネントをラベリングする方法は、[View] (表示)タブをご覧ください。

  3. [Row] (行) > [Main] (メイン)接続を使って、Customersという名前のtFileInputXMLコンポーネントをtXMLMapコンポーネントにリンクさせます。
  4. [Row] (行) > [*New Output* (Main)] (*新規出力* (メイン))接続を使って、tXMLMapコンポーネントをtLogRowコンポーネントにリンクさせます。ポップアップダイアログボックスに出力接続の名前(このシナリオではCustomer)を入力します。