tUniservBTGenericの標準プロパティ - Cloud - 8.0

Uniserv

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > Uniservコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > Uniservコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > Uniservコンポーネント

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているtUniservBTGenericを設定するために使います。

[Standard] (標準) tUniservBTGenericコンポーネントは、データクオリティファミリーに属しています。

基本設定

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

スキーマを変更するには[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックします。現在のスキーマがリポジトリータイプの場合は、3つのオプションを利用できます。

  • [View schema] (スキーマの表示): スキーマのみを表示する場合は、このオプションを選択します。

  • [Change to built-in property] (組み込みのプロパティに変更): ローカルで変更を行うためにスキーマを組み込みに変更する場合は、このオプションを選択します。

  • [Update repository connection] (リポジトリー接続をアップデート): リポジトリーに保存されているスキーマに変更を加え、変更後にそのコンテンツをすべてのジョブにプロパゲートするかどうかを決める場合は、このオプションを選択します。

    変更を現在のジョブにのみ反映する場合は、変更後、[No] (いいえ)を選択し、[Repository Content] (リポジトリーのコンテンツ)ウィンドウで再びこのスキーマのメタデータを選択します。

[Sync columns] (カラムを同期)をクリックすると、ジョブで接続している先行コンポーネントからスキーマが取得されます。

[Retrieve schema] (スキーマを取得)をクリックして、DQ Batch Suiteジョブの入力/出力フィールドに一致するコンポーネントのスキーマを作成します。

[Host name] (ホスト名)

DQ Batch Suiteのマスターサーバーが実行されている二重引用符で囲まれたホスト。

[Port] (ポート)

DQ Batch Suiteサーバーが実行されている二重引用符で囲まれたポート番号。

[Client Server] (クライアントサーバー)

DQ Batch Suiteの二重引用符で囲まれたクライアントサーバーの名前。

User name (ユーザー名)

DQ Batch Suiteサーバーに登録するユーザー名。ここに記されたユーザーは、DQ Batch Suiteジョブを実行する権限を持っている必要があります。

Password (パスワード)

記されたユーザーのパスワード。

パスワードを入力するためには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符で囲んで入力して[OK]をクリックし、設定を保存します。

[Job directory] (ジョブディレクトリー)

ジョブが保存されるDQ Batch Suiteのディレクトリー。

[Job name] (ジョブ名)

実行するDQ Batch Suiteジョブの名前。

[Job file path] (ジョブファイルパス)

実行するDQ Batch Suiteジョブが保存されるファイルパス。ファイルへのパスは絶対に明記する必要があります。

詳細設定

[Temporary directory] (一時ディレクトリー)

ジョブの実行中に作成された一時ファイルが保存されるディレクトリー。

[Input Parameters] (入力パラメーター)

このパラメーターは、DQ Batch Suiteジョブの関数[Input] (入力) (タブ"形式")内のパラメーターと対応している必要があります。

[File location] (ファイルのロケーション): 入力ファイルがプールに保存されるか、ローカルジョブディレクトリーに保存されるかを示します。

[Directory] (ディレクトリー): ファイルのロケーション = プールは、ディレクトリーがプールディレクトリーに関連していることを意味します。File location = Jobの場合は、ここに"input"を指定する必要があります。

[File name] (ファイル名): tUniservBTGenericによって生成され、DQ Batch Suiteに転送される区切りファイルの名前。ファイル名は、DQ Batch Suiteジョブの関数[Input] (入力)で定義されているファイル名に対応している必要があります。

[No. of header rec.] (ヘッダーレコードの数): 0 = ヘッダーレコードなし、1 = 入力ファイル内のヘッダーレコード。

[Field separator] (フィード区切り): DQ Batch Suiteジョブの関数[Input] (入力)で定義されたフィールド区切り。

[Output Parameters] (出力パラメーター)

このパラメーターは、DQ Batch Suiteジョブの関数[Output] (出力) (タブ"形式")内のパラメーターと対応している必要があります。

[File location] (ファイルのロケーション): 出力ファイルがプールに保存されるか、ローカルジョブディレクトリーに保存されるかを示します。

[Directory] (ディレクトリー): ファイルのロケーション = プールは、ディレクトリーがプールディレクトリーに関連していることを意味します。File location = Jobの場合は、ここに"output"を指定する必要があります。

[File name] (ファイル名): DQ Batch Suiteジョブによって作成される区切り形式の出力ファイルの名前。ファイル名は、DQ Batch Suiteジョブの関数[Output] (出力)で定義されているファイル名に対応している必要があります。

[No. of header rec.] (ヘッダーレコードの数): 0 = ヘッダーレコードなし、1 = 出力ファイル内のヘッダーレコード。

[Field separator] (フィード区切り): DQ Batch Suiteジョブの関数[Output] (出力)で定義されたフィールド区切り。

[Global Variables] (グローバル変数)

[Global Variables] (グローバル変数)

ERROR_MESSAGE: エラーが発生した時にコンポーネントによって生成されるエラーメッセージ。これはAfter変数で、文字列を返します。この変数はコンポーネントにこのチェックボックスが存在し、[Die on error] (エラー発生時に強制終了)がオフになっている場合のみ機能します。

Flow変数はのコンポーネントの実行中に機能し、After変数はコンポーネントの実行後に機能します。

フィールドまたは式に変数を入れるには、Ctrl + スペースを押して変数リストにアクセスし、リストから使用する変数を選択します。

変数の詳細は、 Talend Studio ユーザーガイドをご覧ください。

使用方法

使用ルール

tUniservBTGenericはデータをDQ Batch Suiteに送信し、指定されたDQ Batch Suiteジョブを開始します。実行が完了すると、ジョブの出力データはData Quality Service Hub Studioに返され、さらに処理されます。

制限事項

tUniservBTGenericを使うには、UniservソフトウェアDQ Batch Suiteをインストールする必要があります。

注:

次の点に留意してください。

  • ジョブはDQ Batch Suiteで設定され、実行可能である必要があります。

  • ユーザーは、DQ Batch Suiteジョブを実行する権限を持っている必要があります。

  • DQ Batch Suiteジョブを複数行にすることはできません。

  • 関数InputおよびOutputで定義されたファイルは、レコード形式区切りを持っている必要があります。

  • 入力および出力データは、UTF-8文字セットで提供する必要があります。