プロシージャ - Cloud - 8.0

Uniserv

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > Uniservコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > Uniservコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > Uniservコンポーネント

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ビューで[Metadata] (メタデータ)ノードと、ソースを保存したディレクトリーを展開します。次に、このソースをデザインワークスペースにドラッグします。
    下記のダイアログボックスが表示されます。
  2. tOracleInputを選択し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    コンポーネントがワークスペースに表示されます。このシナリオではLOCATIONSというテーブルが使われます。
  3. 次のコンポーネントを[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドラッグします:tMapコンポーネント2つ、tOracleOutput、およびtUniservBTGeneric
  4. 最初にtMaptUniservBTGenericに接続します。
    プロンプトウィンドウで[Yes] (はい)をクリックしてtUniservBTGenericからスキーマを受け入れます。
  5. [Row] (行) > [Main] (メイン)リンク経由でその他のコンポーネントを接続します。
  6. tUniservBTGenericをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  7. DQ Batch Suiteジョブの接続データを入力します。[Job File Path] (ジョブファイルパス)フィールドに絶対パスを入力する必要があります。
  8. [Retrieve Schema] (スキーマの取得)をクリックすると、DQ Batch Suiteジョブの入力および出力定義からtUniservBTGenericのスキーマが自動的に作成され、[Advanced settings] (詳細設定)のフィールドが自動的に入力されます。
  9. [Advanced settings] (詳細設定)ビューで詳細を確認します。入力と出力の定義は、DQ Batch Suiteジョブと完全に同じである必要があります。必要に応じて、一時ファイルのパスを調整します。
  10. tMap_1をダブルクリックし、スキーママッピングウィンドウを開きます。左側は入力ソースの構造、右側はtUniservBTGenericのスキーマです(したがって、DQ Batch Suiteジョブの入力です)。下部には[Schema Editor] (スキーマエディター)があり、個々のカラムの属性を検索して編集できます。
  11. 入力ソースのカラムをtUniservBTGenericのそれぞれのカラムに割り当てます。このためには、入力ソースのカラムを選択して、右側の適切なカラムにドラッグします。
    [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  12. 次に、使用するコンポーネントを含め、ジョブの実行結果を処理する方法を定義します。
  13. ジョブを開始する前に、すべてのパスの詳細が正しいこと、DQ Batch Suiteサーバーが実行されていること、およびジョブにアクセスできることをご確認ください。