tUniservRTConvertName (非推奨) - Cloud - 8.0

Uniserv

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > Uniservコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > Uniservコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > Uniservコンポーネント

住所の名前エレメントを分析します。

tUniservRTConvertNameは、コンテキストに基づいて名前行を分析し、データベース内の個人名と会社名を構造化して入力するためのベースを提供します。個人の場合、名前行をセグメント(名前、ファーストネーム、肩書き、名前のプレフィックス、名前のサフィックスなど)に分割し、住所キーを作成します。

このコンポーネントは、会社または機関の住所を認識し、組織のフォームを個別に提供できます。複数の人物の情報を含む行を分割し、名前に属さない特定のパターン(顧客番号、取扱メモなど)を認識して削除したり、特別なメモフィールドに移動したりできます。

デフォルトで、このコンポーネントはTalend Studioと共には出荷されていません。機能マネージャーを使ってインストールする必要があります。 詳細は、機能マネージャーを使って機能をインストールをご覧ください。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントを参照してください。