プロシージャ - Cloud - 8.0

Uniserv

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > Uniservコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > Uniservコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > Uniservコンポーネント

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ビューで[Metadata] (メタデータ)ノードと、データベースが保存されているディレクトリーを展開します。次に、このデータベースをデザインワークスペースにドラッグします。
    下記のダイアログボックスが表示されます。
  2. tMysqlInputを選択し、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    コンポーネントがワークスペースに表示されます。
  3. 次のコンポーネントを[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドラッグします: tMapおよびtUniservRTMailBulk
  4. 最初にtMaptUniservRTMailBulkに接続します。
    プロンプトウィンドウで[Yes] (はい)をクリックしてtUniservRTMailBulkからスキーマを受け入れます。
  5. [Row] (行) > [Main] (メイン)を介してその他のコンポーネントを接続します。
  6. tMap_1をダブルクリックし、スキーママッピングウィンドウを開きます。左側はデータベースファイルのスキーマで、右側はtUniservRTMailBulkのスキーマです。下部には[Schema Editor] (スキーマエディター)が表示され、個々のカラムの属性を検索して編集できます。
  7. 入力ソースのカラムをtUniservRTMailBulkのそれぞれのカラムに割り当てます。このためには、入力ソースのカラムを選択して、右側の適切なカラムにドラッグします。個々の引数の意味は、UniservのユーザーマニュアルmailRetrievalで説明されています。
  8. [OK]をクリックしてウィンドウを閉じます。
  9. tUniservRTMailBulkをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  10. サーバー情報を入力し、サービスを指定します。
  11. [Advanced Settings] (詳細設定)を選択して、サーバーパラメーターを調整します。