コンポーネントを設定 - Cloud - 8.0

Uniserv

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > Uniservコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > Uniservコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > Uniservコンポーネント

手順

  1. tMap_1をダブルクリックし、スキーママッピングウィンドウを開きます。左側は入力ファイルの構造で、右側はtUniservRTMailSearchのスキーマです。下部には[Schema Editor] (スキーマエディター)があり、個々のカラムの属性を検索して編集できます。
  2. 入力ファイルのカラムをtUniservRTMailSearchのそれぞれのカラムに割り当てます。このためには、入力ソースのカラムを選択して、右側の適切なカラムにドラッグします。
  3. 入力リストに参照IDが含まれている場合は、それを採用する必要があります。そのためには、[Schema Editor] (スキーマエディター)で新しいカラムIN_DBREFを作成し、参照IDを使って接続します。
    [OK]をクリックしてウィンドウを閉じます。
  4. tUniservRTMailSearchをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  5. [Maximum of displayed "duplicates"] ("重複"表示の最大)0を入力して、すべての重複を表示します。
    [Define rejects] (リジェクト定義)を選択してリジェクト定義のウィンドウを開きます。
  6. [+]ボタンをクリックして、ウィンドウに新しい行を挿入します。エレメントカラムでDuplicate countを、演算子カラムで>を、値カラムで0を選択します。そうすると、既存の連絡先はすべて失格となり、新しい連絡先のみがインデックスプールに追加されます。
  7. [Advanced settings] (詳細設定)ビューを開き、パラメーターを確認します。妥当なパラメーターがプリセットされています。詳細は、mailRetrievalのマニュアルを参照してください。
  8. tMap_3をダブルクリックし、スキーママッピングウィンドウを開きます。左側はtUniservRTMailSearchのスキーマで、右側はtUniservRTMailOutputのスキーマです。
  9. [Auto map!] (自動マップ)をクリックして、フィールドを自動的に割り当てます。
  10. 手動で割り当てる必要がある唯一のフィールドは参照IDです。これを行うには、OUT-DBREFを左側から右側のIN_DBREFフィールドにドラッグします。
    [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
  11. tUniservRTMailOutputをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
    [Action on data] (データでのアクション)リストからInsert or updateを選択します。これで、すべての新しい連絡先がインデックスプールに追加されました。