郵便番号、市区町村、番地を確認して修正し、実行不能なものをリジェクト - Cloud - 8.0

Uniserv

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > Uniservコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > Uniservコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > Uniservコンポーネント
Last publication date
2024-02-22
Deprecated: 7.2の一般公開リリース以降、tUniserv*コンポーネントは非推奨となっています。

このシナリオは、上記のシナリオと密接に関連しています。相違点は、割り当てることができない住所が手動チェックのため別のファイルに書き込まれることです。また、あいまいな住所を別のファイルに書き込む手順は、ここで説明する手順と同じです。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントをご覧ください。