プロシージャー - Cloud - 8.0

Uniserv

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > Uniservコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > Uniservコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > Uniservコンポーネント

手順

  1. 前のシナリオの説明に従ってジョブを作成します。
  2. 次の追加のコンポーネントを[Palette] (パレット)からデザインワークスペースにドラッグします: tMaptFileOutputDelimited
  3. tUniservRTPostをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [Use rejects] (リジェクトを使用) チェックボックスをオンにして、フィールド[if result class greater or equals to] (結果クラスが次以上の場合)"5"を入力します。これは、住所の郵便番号をチェックした結果のクラスであり、データが少なすぎるか、実行不可能なものです。
  5. [Row] (行) > [Rejects] (リジェクト)経由でtUniservRTPosttMap_5と接続します。
  6. [Row] (行) > [Main] (メイン)経由でtMaptFileOutputDelimitedと接続します。
  7. マッピングウィンドウで出力ファイルのフィールドを定義します。