スキーマに対するデータの検証 - Cloud - 8.0

Validation (インテグレーション)

Version
Cloud
8.0
Language
日本語
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 評価検証
データガバナンス > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 評価検証
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > データクオリティコンポーネント > 評価検証
Last publication date
2024-02-28

このシナリオはTalend Data Management PlatformTalend Big Data PlatformTalend Real-Time Big Data PlatformTalend MDM PlatformTalend Data Services PlatformTalend MDM PlatformおよびTalend Data Fabricにのみ適用されます。

Talendでサポートされているテクノロジーの詳細は、Talendコンポーネントをご覧ください。

このシナリオでは、受信フローからのデータのタイプ、NULL値、長さを定義済みの参照スキーマと照合し、検証結果を[Run] (実行)コンソールに表示するジョブについて説明します。

受信フローは、以下に示すように、誤ったデータ型、最大長を超えるデータ、誤ったID、およびNULL不可のカラムに含まれるNULL値などの異種データを含む簡単なCSVファイルから取得されます。

ID;Name;BirthDate;State;City
1;Dwight;06-04-2008;Delaware;Concord
2;Warren;25-10-2008;Montana
3;Benjamin;17-08-2008;Washington;Austin
4;Harry;14-04-2008;Kansas;Annapolis
5;Ulysses;2007-04-12;Michigan;Raleigh
6;James;19-08-2007;Delaware;Charleston
.7;Bill;20-04-2007;Illinois;Bismarck
8;Ulysses;04-12-2008;;Saint Paul
9;Thomas;09-05-2008;Maryland;Albany
10;Ronald;11-02-2008;Florida;Hartford