Apache Spark StreamingのtRestWebServiceLookupInputプロパティ - Cloud - 8.0

Webservice

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > WEBサービスコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > WEBサービスコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > WEBサービスコンポーネント

このプロパティはSpark Streamingジョブフレームワークで実行されているtRestWebServiceLookupInputを設定するために使います。

Spark Streaming tRestWebServiceLookupInputコンポーネントは、Webserviceファミリーに属しています。

このコンポーネントのストリーミングバージョンは、Talend Real Time Big Data PlatformおよびTalend Data Fabricで利用できます。

基本設定

[Schema] (スキーマ)[Edit schema] (スキーマを編集)

スキーマとは行の説明のことです。処理して次のコンポーネントに渡すフィールド(カラム)数を定義します。Sparkジョブを作成する場合、フィールドの命名時は予約語のlineを避けます。

このコンポーネントのスキーマは読み取り専用です。[Edit schema] (スキーマを編集)をクリックすると、スキーマを表示できます。

この読み取り専用のpayloadカラムは、取得されたメッセージの本文を保持ために使われます。

URL

呼び出すREST WebサーバーのURLアドレスを入力します。

[HTTP Method] (HTTPメソッド)

このリストから、目的のアクションを説明するHTTPメソッドを選択します。HTTPメソッドの具体的な意味は、Webサービスプロバイダーの定義によって異なります。一般的に受け入れられているHTTPメソッドは、以下のとおりです。

  • GET: 特定のパラメーターをベースにサーバーエンドからデータを取得します。

[HTTP Headers] (HTTPヘッダー)

HTTPヘッダーに名前/値のペアを入力して、リクエストされたHTTP操作のパラメーターを定義します。

HTTPヘッダーの具体的な定義は、REST Webサービスプロバイダーにお問い合わせください。参照情報は、en.wikipedia.org/wiki/List_of_HTTP_headersをご覧ください。

詳細設定

[Use SSL/TLS] (SSL/TLSを使用)

SSLまたはTLS暗号化接続を有効にする場合は、このチェックボックスをオンにします。

次に、同じジョブ内のtSetKeystoreコンポーネントを使用して暗号化情報を指定する必要があります。

使用方法

使用ルール

このコンポーネントは開始コンポーネントとして使用され、出力リンクを必要とします。

このコンポーネントは、所属するSpark Streamingコンポーネントのパレットと共に、Spark Streamingジョブを作成している場合にだけ表示されます。

特に明記していない限り、このドキュメンテーションのシナリオでは、[Standard] (標準)ジョブ、つまり従来の Talend データ統合ジョブだけを扱います。

[Spark Connection] (Spark接続)

[Run] (実行)ビューの[Spark configuration] (Spark設定)タブで、ジョブ全体でのSparkクラスターへの接続を定義します。また、ジョブでは、依存jarファイルを実行することを想定しているため、Sparkがこれらのjarファイルにアクセスできるように、これらのファイルの転送先にするファイルシステム内のディレクトリーを指定する必要があります。
  • Yarnモード(YarnクライアントまたはYarnクラスター):
    • Google Dataprocを使用している場合、[Spark configuration] (Spark設定)タブの[Google Storage staging bucket] (Google Storageステージングバケット)フィールドにバケットを指定します。

    • HDInsightを使用している場合、[Spark configuration] (Spark設定)タブの[Windows Azure Storage configuration] (Windows Azure Storage設定)エリアでジョブのデプロイメントに使用するブロブを指定します。

    • Altusを使用する場合は、[Spark configuration] (Spark設定)タブでジョブのデプロイにS3バケットまたはAzure Data Lake Storageを指定します。
    • オンプレミスのディストリビューションを使用する場合は、クラスターで使用されているファイルシステムに対応する設定コンポーネントを使用します。一般的に、このシステムはHDFSになるため、tHDFSConfigurationを使用します。

  • [Standalone mode] (スタンドアロンモード): tHDFSConfigurationtS3Configurationなど、クラスターで使われているファイルシステムに対応する設定コンポーネントを使用します。

    ジョブ内に設定コンポーネントがない状態でDatabricksを使用している場合、ビジネスデータはDBFS (Databricks Filesystem)に直接書き込まれます。

この接続は、ジョブごとに有効になります。