出力マッピングの設定 - Cloud - 8.0

Webservice

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > WEBサービスコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > WEBサービスコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > WEBサービスコンポーネント

手順

  1. [Next] (次へ)をクリックし、エディターで新しいビューを開きます。
    [Element] (エレメント)リストに、Webサービスの出力パラメーターが自動的に表示されます。ただし、[[+] parameters] ([+]パラメーター)を選択した場合、他のパラメーターを追加でき、上部のプラスボタンをクリックすると、[Parameter Tree] (パラメーターツリー)ダイアログボックスが表示され、そこから任意のパラメーターを選択できます。
    この例のWebサービスには、[GetCountryByCountryCodeResult]という出力パラメーターが1つだけあります。
  2. [Edit Schema] (スキーマを編集)の横の3ドットのボタンをクリックして、出力スキーマを定義できるダイアログボックスを開きます。
  3. ダイアログボックスの右側の[Output] (出力)リストで、[+]ボタンをクリックして、出力スキーマにカラムを追加します。
  4. カラムをクリックして名前を入力します。この例ではResultになります。これにより、国の名前が取得されます。
  5. [OK]をクリックして変更を検証し、スキーマ定義ダイアログボックスを閉じます。
    定義済みのWebサービスの出力パラメーターと出力コンポーネントのスキーマ間に接続を作成する必要があります。
  6. エディターの右側の[Element] (エレメント)リストで、[parameters.GetCountryByCountryCodeResult]をエディターの右の[Result] (結果)カラムに対応するフィールドにドラッグします。
    注:

    使用可能な場合は、[Auto map!] (自動マップ)ボタン(インターフェイスの左下にあるボタン)を使用すると、マッピング操作を自動的に実行できます。

  7. [OK]をクリックして変更を有効にし、エディターを閉じます。
  8. [...]ボタンをクリックして[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスを開き、出力スキーマにカラムを追加します。この例では[Result] (結果)になります。次に[OK]をクリックしてスキーマ設定を検証し、ダイアログボックスを閉じます。
  9. tLogRowコンポーネントをダブルクリックして[Basic settings] (基本設定)ビューを開き、[Sync columns] (カラムを同期)をクリックして、先行コンポーネントからスキーマを取得します。