WSDLの選択 - Cloud - 8.0

Webservice

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for Big Data
Talend Open Studio for Data Integration
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > WEBサービスコンポーネント
データガバナンス > サードパーティーシステム > WEBサービスコンポーネント
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > WEBサービスコンポーネント

手順

  1. tWebServiceをダブルクリックしてコンポーネントエディターを開くか、デザインワークスペースでコンポーネントを選択し、[Basic settings] (基本設定)ビューで[Service configuration] (サービス設定)の横の3ドットのボタンをクリックします。
  2. [WSDL]フィールドにWebサービスのアドレスを入力するか、WSDLがローカルで保管されている場合は、[Browse...] (参照...)ボタンをクリックして参照します。この例では、WSDL URLはhttp://www.webservicex.net/ country.asmx?WSDLになります。
  3. [WSDL]フィールドの横にある更新ボタンをクリックして、WSDLの説明を取得し、後続のフィールドに表示します。
  4. [Port Name] (ポート名)リストで、使用するポートを選択します (この例では[countrySoap]になります)。
  5. [Operation] (操作)リストで、使用するサービスを選択します。この例では、選択されたサービスはGetCountryByCountryCode(parameters):stringになります。