cMQConnectionFactoryの標準プロパティ - Cloud - 8.0

WMQ (メディエーション)

Version
Cloud
8.0
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Data Fabric
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Open Studio for ESB
Talend Real-Time Big Data Platform
Module
Talend Studio
Content
ジョブデザインと開発 > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > WMQコンポーネント(メディエーション)
データガバナンス > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > WMQコンポーネント(メディエーション)
データクオリティとプレパレーション > サードパーティーシステム > メッセージブローカー > WMQコンポーネント(メディエーション)

このプロパティはStandardジョブフレームワークで実行されているcMQConnectionFactoryを設定するために使います。

Standard cMQConnectionFactoryコンポーネントはConnectivityファミリーに属しています。

基本設定

[MQ server] (MQサーバー)

MQサーバーを、ActiveMQ、WebSphere MQ Jms、WebSphere MQ Native、AMQP 1.0、MQTT、またはCustomizedから選択します。

WebSphere MQネイティブサーバーへの接続は、プロパティファイル内からでも設定できます。詳細は、プロパティファイルでWebSphere MQネイティブサーバーへの接続を設定するを参照してください。

WebSphere MQへの接続については、Talend Help Centerでオンラインドキュメンテーションを参照してください。

WebSphere MQへの接続については、Talend Help Center (https://help.talend.com)でオンラインドキュメンテーションを参照してください。

[Use Transaction] (トランザクションの使用) (ActiveMQWebSphere MQ Jms[Customized] (カスタマイズ)のみ)

MQサーバーからのメッセージを消費するルートでローカルトランザクションを有効にするには、このチェックボックスをオンにします。ルートで例外が発生した場合、メッセージブローカーのメッセージは、再配信ポリシー用に設定されたmaximumRedeliveriesの後で配信不能キューに送信され、ルートによって消費されません。詳細は、http://camel.apache.org/transactional-client.htmlを参照してください。

[Broker URI] (ブローカーURI) (ActiveMQのみ)

メッセージブローカーのURIを入力します。

ルート内メッセージ処理の場合は、デフォルトのURI vm://localhost?broker.persistent=false for ActiveMQを使うだけで済みます。
警告:
[Broker URI] (ブローカーURI)パラメーターに"{{activemq_url}}"を設定しようとすると、次のエラーメッセージが表示される場合があります。
Invalid broker URI: {{activemq_url}}
プロパティコンポーネントを設定すると、Camelプロパティ構文{{...}}をほとんどのTalendコンポーネントで直接使うことができます。ただし、いくつかの例外があります。cMQConnectionFactoryコンポーネントは、{{...}}構文を直接使用できない例外の1つです。
"{{activemq_url}}"を使う代わりに、次に示すようにCamel resolvePropertyPlaceholdersメソッドを呼び出します。
camelContext.resolvePropertyPlaceholders("{{activemq_url}}")

[HTTP Transport] (HTTP転送) (ActiveMQのみ)

ActiveMQブローカーへのHTTPベースの接続を有効にするには、このチェックボックスをオンにします。

[Use PooledConnectionFactory] (PooledConnectionFactoryを使用) (ActiveMQのみ)

このチェックボックスをオンにして、PooledConnectionFactoryを使用します。

[Max Connections] (最大接続数) (ActiveMQのみ)

PooledConnectionFactoryの最大接続数を指定します。このフィールドは、[Use PooledConnectionFactory] (PooledConnectionFactoryを使用)チェックボックスがオンの場合にのみ利用できます。

[Max Active] (最大稼動) (ActiveMQのみ)

接続ごとの最大セッション数を指定します。このフィールドは、[Use PooledConnectionFactory] (PooledConnectionFactoryを使用)チェックボックスがオンの場合にのみ利用できます。

[Idle Timeout (in ms)] (アイドルタイムアウト(ミリ秒)) (ActiveMQのみ)

接続が切断されるまでの最大待機時間(ミリ秒単位)を指定します。このフィールドは、[Use PooledConnectionFactory] (PooledConnectionFactoryを使用)チェックボックスがオンの場合にのみ利用できます。

[Expiry Timeout (in ms)] (有効期限タイムアウト(ミリ秒)) (ActiveMQのみ)

初めて使用してから接続が切断されるまでの時間(ミリ秒単位)を指定します。デフォルト値は60000です。0を指定すると有効期限は無効になります。このフィールドは、[Use PooledConnectionFactory] (PooledConnectionFactoryを使用)チェックボックスがオンの場合にのみ利用できます。

[Host Name] (ホスト名) (WebSphere MQ Jms[WebSphere MQ Native] (WebSphere MQネイティブ)[AMQP 1.0 and MQTT] (AMQP 1.0およびMQTT)のみ)

IBM WebSphere MQサーバーまたはMQTTブローカーが実行されているホストの名前またはIPアドレスを入力します。WebSphere MQ JmsWebSphere MQ Native、およびAMQP 1.0の場合、デフォルトはlocalhostです。MQTTの場合、デフォルトは 127.0.0.1です。

[Port] (ポート) (WebSphere MQ Jms[WebSphere MQ Native] (WebSphere MQネイティブ)AMQP 1.0およびMQTTのみ)

MQサーバーのポートを入力します。WebSphere MQ JmsWebSphere MQ Native、およびAMQP 1414の場合、デフォルトはlocalhostです。AMQP 1.0の場合、デフォルトは5672です。MQTTの場合、デフォルトは1883です。

[Transport Type] (転送タイプ) (WebSphere MQ Jmsのみ)

IBM WebSphere MQサーバーとWebSphere MQブローカーの間のメッセージ転送のタイプを、[Bindings] (バインド)[Bindings then Client] (バインドとクライアント)[Client] (クライアント)から選択します。

[Queue Manager] (キューマネージャー) (WebSphere MQ Jmsのみ)

キューマネージャーの名前を入力するか、IBM WebSphere MQサーバーの名前を指定してキューマネージャーを検索します。

[Channel] (チャネル) (WebSphere MQ Jmsおよび[WebSphere MQ Native] (WebSphere MQネイティブ)のみ)

接続を確立するチャネルの名前を指定します。WebSphere MQ Jmsの場合、デフォルトはSYSTEM.DEF.SVRCONNです。[WebSphere MQ Native] (WebSphere MQネイティブ)の場合、デフォルトはchannel.nameです。

[Name] (名前) ([WebSphere MQ Native] (WebSphere MQネイティブ)のみ)

接続を確立するキューマネージャーの名前を指定します。

[Authentication] (認証) (ActiveMQWebSphere MQ Jms[WebSphere MQ Native] (WebSphere MQネイティブ)AMQP 1.0MQTTのみ)

このチェックボックスをオンにし、MQサーバーのユーザー名とパスワードを入力して、アクセス許可を検証します。パスワードを入力するには、パスワードフィールドの横にある[...]ボタンをクリックし、ポップアップダイアログボックスにパスワードを二重引用符の間に入力し、[OK] をクリックして設定を保存します。[WebSphere MQ Native] (WebSphere MQネイティブ)サーバーの場合は、文字の数値順序を定義するCCSID (コード化文字セット識別コード)を追加で提供します。CCSIDの詳細は、http://www-01.ibm.com/software/globalization/cdra/appendix_c.htmlを参照してください。

[Dependencies] (依存項目) (WebSphere MQ Jms[WebSphere MQ Native] (WebSphere MQネイティブ)[Customized] (カスタマイズ)のみ)

MQブローカーが必要とする追加のライブラリーを指定します。

[Use SSL] (SSLを使用) (AMQP 1.0およびMQTTのみ)

SSLプロトコルを介してMQサーバーに接続するには、このチェックボックスをオンにします。MQTTの場合は、MQサーバーが信頼する証明書のリストを含むTrustStoreファイルを指定し、TrustStoreデータの整合性をチェックするために使うパスワードを入力します。

[Auto Reconnect] (自動再接続) (MQTTのみ)

接続が失われた時にサーバーに再接続する場合は、このチェックボックスを選択します。

[Connection timeout] (接続タイムアウト) (MQTTのみ)

クライアントがMQTTサーバーとのネットワーク接続が確立されるまでの最大待機時間(秒単位)です。デフォルトは30です。

[Max Reconnect Delay] (再接続最大遅延) (MQTTのみ)

初期接続または失敗した接続を再確立する試行間のミリ秒単位の最大時間。デフォルトは128000です。

[MQTT version] (MQTTバージョン) (MQTTのみ)

接続するMQTTのバージョンを選択します。デフォルトは3.1.1です。

[Quality of Service] (サービスの品質) (MQTTのみ)

メッセージ交換に使うMQTTサービス品質。AtMostOnceAtLeastOnceExactlyOnceのいずれかです。

使用方法

使用ルール

cMQConnectionFactoryをルートに直接追加することはできません。

制限事項

ライセンスの互換性の問題のため、このコンポーネントの使用に必要な1つ以上のJARが提供されていません。この特定のコンポーネントに不足しているJARをインストールするには、Component (コンポーネント)タブビューの[Install] (インストール)ボタンをクリックします。Studioの Integration パースペクティブの[Modules] (モジュール)タブでも、不足しているすべてのJARを簡単に見つけて追加できます。詳細は、外部モジュールのインストールを参照してください。外部モジュールをインストールする方法の詳細は、Talend Help Center (https://help.talend.com)を参照してください。

[WebSphere MQ Native] (WebSphere MQネイティブ)サーバーを使うには、com.ibm.mq.jarcom.ibm.mq.commonservices.jarcom.ibm.mq.headers.jarcom.ibm.mq.jmqi.jarconnector.jarをIBM Webサイトからダウンロードし、[Dependencies] (依存項目)リストに追加する必要があります。