APIモックを有効化してテストプロジェクトを生成 - Cloud

Talend Cloud API Designer入門ガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Designer
task
ジョブデザインと開発 > Designing APIs

API上のAPIモック機能を有効にして、Talend Cloud API Testerでテストプロジェクトを生成します。

始める前に

Talend Cloud API TesterGoogle Chrome拡張機能をインストール済みであること。詳細は、Talend Cloud API Testerユーザーガイドを参照してください。

手順

  1. [Settings] (設定)ボタンをクリックします。
  2. [MOCK] (モック)の下で、[Enabled] (有効)ボタンをOnに切り替えます。
  3. [Save] (保存)をクリックします。
    モックのエンドポイントが生成されました。
  4. [Try the mock in API Tester] (API Testerでモックを試す)をクリックして、Talend Cloud API Testerでテストプロジェクトを生成します。

タスクの結果

Talend Cloud API Testerは開いて、新規プロジェクトを作成します。すべての定義済み操作に加えて、モックエンドポイントのBaseUrl変数を含む環境とセキュリティスキームの変数を含めます。