CircleCIを使ってシナリオ実行を自動化 - Cloud

Talend Cloud API Testerの例

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend API Tester
Content
ジョブデザインと開発 > Testing APIs

Web APIの開発チームとして、Web APIプロジェクトが正しくビルドおよびデプロイされるたびにAPIテストを実行することを考えています。

CircleCIでこれを行うには、2つのビルドがあります: 実際のWeb APIのビルドとデプロイを担当、およびデプロイされたAPIのテストを担当。デプロイが成功するたびに2番目のビルドがトリガーされるように、最初のビルドを設定できます。

次の図は、この方法の概要を示しています。

Web APIが正しくデプロイされた後にテストシナリオの実行をトリガーするには、CircleCI設定のデプロイ部分を活用し、実際のデプロイの後に2番目のコマンドを追加する必要があります。2番目のコマンドは、APIテストの実行をトリガーするCircleCI APIへの呼び出しです。

このような設定のサンプルを次に示します(Herokuでのデプロイ)。

deployment:
  trigger:
    branch: master
    commands:
      - git push git@heroku.com:myapp.git $CIRCLE_SHA1:master
      - curl -v -X POST https://circleci.com/api/v1/project/templth/restlet-client-circleci/tree/master?circle-token=$CIRCLE_TOKEN

これにより、変更をプッシュするたびにAPIのビルド、デプロイ、テストが行われます。