Travis CIを使ってシナリオ実行を自動化 - Cloud

Talend Cloud API Testerの例

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Tester
task
ジョブデザインと開発 > Testing APIs
Travis CIで実行をスケジュールします。

Travis CIは[schedule job executions] (ジョブ実行をスケジュール)するフィーチャーを提供します。チームが夜間にデプロイを行う場合に、非常に実用的です。これにより、ステージング環境で毎晩デプロイされる最新バージョンのAPIでAPIコントラクトを壊さないようにできます。

もう1つのアプローチは、APIのデプロイが成功するたびにAPIテストを起動することです。Travis CIのドキュメント[how to customize the build] (ビルドのカスタマイズ方法)および[run commands after deploying] (デプロイ後にコマンドを実行する)を参照してください。

また、[calling the Travis API] (Travis APIのコール)によってTravisビルドをトリガーすることもできます。