リリースパイプラインを作成 - Cloud

Talend Cloud API Testerの例

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Tester
task
ジョブデザインと開発 > Testing APIs

アーティファクトをデプロイし、APIテストを実行するパイプラインを作成します。

手順

  1. Azure DevOpsプロジェクトで、[Pipelines] (パイプライン) > [Releases] (リリース)の順に進みます。
  2. [New pipeline] (新しいパイプライン)をクリックし、右パネルで[Empty job] (空のジョブ)をクリックします。
  3. 最初のステージが自動的に作成されます。名前(たとえばDeploy to Staging)を入力し、パネルを閉じます。
    このステージは次のプロシージャーで設定します。
  4. [Add an artifact] (アーティファクトの追加)をクリックし、ソースタイプとして[Build] (ビルド)を選択します。
  5. ビルドパイプラインを選択し、[Add] (追加)をクリックします。
  6. オプション: 稲妻のアイコンをクリックし、連続デプロイトリガーを有効にします。
    このオプションを選択すると、ビルドパイプラインが更新されるたびに新しいリリースパイプラインが作成されます。このオプションを選択していない場合は、リリースパイプラインを手動で開始する必要があります。