環境を作成 - Cloud

Talend Cloud API Testerユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Tester
task
ジョブデザインと開発 > Testing APIs
リクエストを設定するための環境と変数を作成します。

手順

  1. ページの右上の[Add an environment] (環境を追加)をクリックします。
    環境を既に作成している場合は、環境ドロップダウンリストか鉛筆アイコンをクリックし、[Add an environment] (環境を追加)オプションを表示します。
  2. 環境名を入力し、[Create] (作成)をクリックします。
    必要であれば、[Copy variables from] (変数のコピー元)チェックボックスをオンにし、既存の環境から変数をコピーできます。
  3. 次のいずれかをクリックして変数を追加します。
    • Talend Cloud API Testerをサブスクリプションでお使いの場合: [Add a public variable] (パブリック変数を追加)または[Add a private variable] (プライベート変数を追加)
    • 無料版をお使いの場合: [Add a variable] (変数を追加)

    他のユーザーと環境を共有する時は、パブリック変数の値が共有されます。プライベート変数の場合、共有されるのはその名前だけです。値は空になっているため、各ユーザーが自分の値を入力する必要があります。

    変数用に定義したプライバシー設定は、[Public] (パブリック)[Private] (プライベート)の横にある矢印をクリックし、[Make private] (プライベートにする)[Make public] (パブリックにする)を選択すれば変更できます。

  4. [Close] (閉じる)をクリックします。

タスクの結果

環境が作成されます。画面の右上に環境のドロップダウンリストが表示され、対応するアイコンをクリックすると表示または編集できるようになります。使用可能な任意のフィールドの横にある魔法の杖アイコンをクリックすると、式ビルダで環境変数を使用できます。