テストレポートを生成 - Cloud

Talend Cloud API Testerユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Tester
task
ジョブデザインと開発 > Testing APIs

Talend印刷可能なテストレポートを生成するいくつかの方法を提供します。

継続的インテグレーションプラットフォームおよびTalend Cloud API TesterGoogle Chrome拡張機能から、コマンドラインインターフェイスからレポートを生成できます。

コマンドラインインターフェイスから

Surefireで次のコマンドを使用すると、コマンドラインからHTMLレポートを直接生成できます。

# Runs the API tests
mvn clean test
         
# Creates a nicely formatted Surefire Test Report in HTML format
# without running the tests as they have been run already
mvn surefire-report:report-only
         
# The Site Plugin is used to generate a site for the project. The generated
# site also includes the project's reports that were configured in the POM
mvn site -DgenerateReports=false

生成された出力には、上部のすべてのテスト結果の概要と詳細ビューが表示されます。

Surefireの詳細は、Mavenのドキュメンテーションを参照してください。

継続的インテグレーションプラットフォームから

CLIツールは、標準のJUnit/Surefire形式でXMLでテストレポートを生成します。これは、この標準フォーマットと互換性のあるCIツール(Bamboo、TeamCityなど)または品質報告ツール (SonarQube、Allureなど)がTalend Cloud API TesterPIテストのレポートを生成できることを意味します。

テストレポートはJenkinsでこのような表示結果になりますが、他のCIプラットフォームでも同様の機能が必要となります。

特定のビルドの詳細ビュー:

試験結果の履歴:

テスト実行期間の履歴: