ヘッダー - Cloud

Talend Cloud API Testerユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Tester
task
ジョブデザインと開発 > Testing APIs

レスポンスのHTTPヘッダーのリストは、以下の2つの形式で使用できます。デフォルトは[pretty] (プリティ)モードで、すべてのヘッダーが表形式で表示され、名前と値の両方が読めるようになっています。2番目のモードは、すべてのヘッダーが受信された時に表示される[raw] (未加工)です。この形式は、はるかにコンパクトですが、読みにくくなる可能性があります。

Talend Cloud API Testerでは、レスポンスヘッダーのリストが通用し、クリックすることで便利なアクションが提供されます。完全なリストについては、以下の表を参照してください。

レスポンスヘッダー アクション
Location 現在のリクエストURLはヘッダーの値に置き換えられます。
x-xrds-location 現在のリクエストURLはヘッダーの値で設定されます。
Set-Cookie ヘッダーの値を指定して、新しい[Cookie] (クッキー)ヘッダーがリクエストに追加されます。
Etag ヘッダーの値を指定して、新しいIf-None-Matchヘッダーがリクエストに追加されました(詳細は、[Conditional Requests] (条件付きリクエスト)を参照してください)。
Last-Modified ヘッダーの値を指定して、新しいIf-Modified-Sinceヘッダーがリクエストに追加されました(詳細は、[Conditional Requests] (条件付きリクエスト)を参照してください)。
Expires ヘッダーの値を指定して、新しいIf-Modified-Sinceヘッダーがリクエストに追加されました(詳細は、[Conditional Requests] (条件付きリクエスト)を参照してください)。
Cache-Control 値が[max-age]または[s-max-age]キャッシュ制御ディレクティブの場合、新しいヘッダー[Cache-Control] (キャッシュ制御)[max-age=0] (最大経過時間=0)の値を持つリクエストに追加されます。
Allow これらのヘッダーには、クリック可能なHTTPメソッドのリストが含まれます。クリックすると、現在のリクエストのメソッドが更新されます。
Access-Control-Allow-Methods これらのヘッダーには、クリック可能なHTTPメソッドのリストが含まれます。クリックすると、現在のリクエストのメソッドが更新されます。