リクエストのコレクション - Cloud

Talend Cloud API Testerユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend API Tester
Content
ジョブデザインと開発 > Testing APIs
Postman、HAR 1.2、Talend Cloud API Testerリポジトリーからリクエストのコレクションをインポートします。

Postman

Postmanコレクション(V2.0)をTalend Cloud API Testerにインポートし、Postmanのユーザーが使い慣れたデータを使ってTalend Cloud API Testerを試すことができます。

Postmanのアイテム 対応するTalend Cloud API Testerのアイテム コメント
rootフォルダー rootプロジェクト コレクションのrootフォルダーに基づいて名付けられた単一のプロジェクト。名前の競合を防ぐために、サフィックスが追加されます。
サブフォルダー サービス POSTmanでは、Talend Cloud API Testerとは異なり、フォルダーの深さは無限にサポートされるため、サブフォルダーはフラット化されます。
リクエスト リクエスト 環境変数もインポートされます(環境ではプロジェクトの名前が保持されます)が、評価されます。可能な場合、一部のアサーションは、Postmanスクリプトの解析後にも生成されます。

HAR 1.2

JSONベース形式であるHARは、HTTPリクエストとレスポンスの記述が可能です。主要なWebブラウザーであれば、すべてのインタラクションをこの形式でエクスポートできます。リクエストは、名前がISO 8601形式のインポートの日付になっているrootシナリオにインポートされます。他のインポートで行うようにプロジェクトではなく、シナリオを使用する主な理由は、Talend Cloud API Testerのように、HARログが HTTリクエストとレスポンスの順序指定されたシーケンスであるためです。

Talend Cloud API Testerリポジトリー

独自のローカルリポジトリーをJSONベース形式のファイルにエクスポートできます。その後、Talend Cloud API Testerに再インポートします。インポートしたエンティティは、エクスポートされたものとまったく同じになります。

Talend Cloud API Testerリポジトリーをインポートすると、リポジトリーのプロジェクトと同じ名前のプロジェクトが上書きされます。