レスポンスペイロード - Cloud

Talend Cloud API Testerユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Tester
task
ジョブデザインと開発 > Testing APIs

レスポンスペイロードとは、受信したデータのことをいいます。読みやすくするために、ペイロードは未加工(rawモード)または16進エンコード(hexモード)で表示できます。一部のペイロードは、構文の配色やその他のオプション([pretty] (プリティ)モード)または[preview] (プレビュー)モードを使用してフォーマットすることもできます。

  • [raw] (未加工)では、ペイロードのバイト数が表示されます。「バイナリ」ペイロードに適用すると、望ましくない効果が生じる可能性があります。
  • [hex] (16進数)は、ペイロードの各バイトを16進表記で表示します。
  • [preview] (プレビュー)は、画像、HTML ペイロードなどに適しています。ブラウザーでは、メディアタイプに基づいてペイロードをレンダリングするように求められます。バイナリファイルはレンダリングされません。
  • [pretty] (プリティ)では、構文の配色などのさまざまなオプションがサポートされています。これらは、以下の表に指定されています。

[raw] (未加工)および[hex] (16進数)モードは、すべてのタイプのペイロードで使用できます。[preview] (プレビュー)モードは、HTMLペイロード、イメージ、およびバイナリで使用できます。後者の場合は、単にバイナリファイルをプレビューできないことを示すメッセージが表示されます。

プリティモードで利用可能なオプションは以下のとおりです:

ペイロードタイプ 構文の配色 行番号 ノードの展開/折りたたみ クリック可能URL
XML はい はい はい はい
JSON はい はい はい はい
HTML はい いいえ いいえ はい

[API Tester Settings] (API Tester基本設定) > [APPEARANCE] (外観)では、コンテンツタイプごとにレスポンスビューオプションを設定できます。

[Response] (レスポンス)セクションの右下の、リクエストの経過時間とボディの長さを確認できます。