ログコンテンツの監査 - Cloud

Talend Cloud APIユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend API Designer
Talend API Tester
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Content
ジョブデザインと開発 > Designing APIs
ジョブデザインと開発 > Testing APIs
監査ログのデータはJSON形式で保存されます。

JSONログに含まれているフィールドは次のとおりです。

フィールド 説明 タイプ
email ログイベントをトリガーしたユーザーの登録メール。 文字列
logId 特定のイベントごとに作成されたログのID。 文字列
userId ログイベントが発生したユーザーアカウントのテクニカルID。 文字列
request リクエストのボディと使用されたパラメーター。 オブジェクト
clientIp リクエストを送信するクライアントのIPアドレス。 文字列
response

レスポンスのボディとそのステータス。

コード200はイベントが成功したことを、400はリクエストで誤ったパラメーター形式が使われたことをそれぞれ意味します。

イベントステータスコード番号に関する情報は、上述の監査ログサービスのAPIドキュメンテーションを参照してください。

オブジェクト
username ログイベントをトリガーしたユーザーの登録名。 文字列
account_id ログイベントがトリガーされたユーザーアカウントのビジネスID。 文字列
eventType 所定のイベントのタイプを記録します。 文字列
requestId 特定のリクエストやトランザクションのID。 文字列
timestamp イベントが発生する日時。形式はyyyy-mm-ddThh:mm:ss.ffffです。 文字列
applicationId イベントが発生するアプリケーションのID。 文字列
eventCategory 記録されたイベントのカテゴリー(アクセストークン、ユーザーアカウント、セキュリティポリシーなど)。 文字列
eventOperation この操作は、作成、読み取り、更新、削除、リセット、アクティブ化などです。 文字列

次のセクションで、ログに記録されるイベントを詳しく説明します。