ライブ監視用にタスク実行ログを取得 - Cloud

Talend Cloud APIユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend API Designer
Talend API Tester
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Content
ジョブデザインと開発 > Designing APIs
ジョブデザインと開発 > Testing APIs
GETメソッドを使って/executions/{runId}/logsエンドポイントからタスク実行のログを取得します。

始める前に

  • 監視するタスクが属するワークスペースで、[Author] (作成者)[Viewer] (ビューアー)[Executor] (エグゼキューター)の各権限を持っていること。
  • 監視が必要なタスク実行のIDがあること。

    このIDは、[Task execution log] (タスク実行ログ)ページの[Task execution ID] (タスク実行ID)が相当します。このIDはまた、/executables/tasks/{taskId}/executionsエンドポイントのGET呼び出しを使って取得することもできます。

このタスクについて

Management Console APIにはhttps://api.us.cloud.talend.com/tmc/swagger/swagger-ui.html経由でアクセスできます。各データセンターに該当するURLのリストは、Talend CloudのリージョンとURLで確認できます。

この例では、Talend API Testerを使ってAPIリクエストを発行します。Talend API Testerの詳細は、Talend Cloud API Testerユーザーガイドを参照してください。

手順

  1. パーソナルアクセストークンがまだない場合は、Talend Cloud Management Console[Users] (ユーザー)ページで自分のアカウント用にパーソナルアクセストークンを生成します。
  2. ブラウザーでTalend API Testerを開き、[Method] (メソッド) リストで[GET]を選択します。
  3. [Method] (メソッド)ドロップダウンリストの横にあるフィールドに、使用するエンドポイントをhttps://api.<your_environment>.cloud.talend.com/tmc/v2.5/executions/<runId>/logsという形式で入力します。

    例え

  4. [HEADERS] (ヘッダー)エリアで[Add header] (ヘッダーを追加)をクリックし、表示される[name] (名前)フィールドにAuthorizationを、[value] (値)フィールドにBearerとパーソナルアクセストークンをそれぞれ入力します。Bearerとパーソナルアクセストークンは空白で区切ります。
  5. [Send] (送信)をクリックしてリクエストを送信します。
  6. [Save] (保存)ボタンをクリックし、Talend API Testerの自分のリポジトリーにこのリクエストを保存します。

タスクの結果

自分の監視システムにこのAPI呼び出しを統合することで、実行の最新情報を継続的に取得および分析できるため、監視システムは適宜かつタイムリーに通知を送ることが可能になります。