Talend Cloud Data Catalogのブリッジ - Cloud

Talend Cloud Data Catalogリリースノート

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Data Catalog
Content
データガバナンス
リリースノート

新しい機能と改良点

機能 説明
その他のパラメーター: ETL後処理オプションをユーザーフレンドリーな長い名前で標準化 -ppusから-etl.summary.add.ultimateへの改名のように、ETL後処理オプションがユーザーフレンドリーな名前に変更されました。
SAP HANA Database (JDBC経由): 計算ビューのデータプロファイリングとサンプリングを新しくサポート ブリッジで、計算ビューのデータプロファイリングとサンプリングがサポートされるようになりました。
Microsoft ADLS Gen2: Managed Service Identity (MSI)認証を新しくサポート ブリッジで、Managed Service Identity (MSI)認証がサポートされるようになりました。
  • レガシーの代わりに安定したAzure APIが使用されるようコードを再設計
  • ブリッジパラメーターの名前がAccess key、SAS token、MSI Tenant-Id/Client-Idのいずれかに変更されました。
その他のパラメーター: オプションをユーザーフレンドリーな長い名前で標準化 -jから-java.parametersへの改名のように、既存オプションの名前がユーザーフレンドリーな名前に変更されました。
Oracle SQL DML (PL/SQL)スクリプト: ファイル用接続としてのサポート ファイルに関連するAPIで最初の来歴が追加されました。
Talend Data Integration: tRedshiftUnloadを新しくサポート tRedshiftUnload コンポーネント(クエリーコマンド/スキーマ)がサポートされるようになりました。
Microsoft SQL Server (JDBC経由): 式の解析/CALL名を新しくサポート CALL名がサポートされるようになりました。
Talend Data Integration: 式の解析 / 'where ISCL_SOK = ?' の疑問符を新しくサポート 疑問符がサポートされるようになりました。
Microsoft SSIS: 式の解析 / 変数を新しくサポート @[var]などの変数がサポートされるようになりました。
Oracle Business Intelligence (OBI) Enterprise Edition (サーバー): 式パーサーの改良 式パーサーが改良され、SELECTテーブルの来歴を検出できるようになりました。
Denodo Virtual DataPort: 新しいバックアップパラメーター -backupパラメーターが追加されました。
Amazon S3 Storage: ルートディレクトリーパラメーターの説明を改善 ルートディレクトリーパラメーターの説明が更新され、5レベルの参照深度を反映するようになりました。
Salesforce (SFDC)データベース: データのプロファイリングとサンプリングを新しくサポート: ブリッジでデータのプロファイリングとサンプリングがサポートされるようになりました。
インポートブリッジ検出での変更: チェックサムの安定性が向上 QlikSense、IBM InfoSphere Data Architect、SAP BWのインポートブリッジについて、チェックサムの安定性が向上しました。
IBM Infosphere Data Architect (IDA) RelationshipProjectionの関連付けのインポートとEntityの検索が向上しました。一般化関係に含まれている 'href' タグはスキップされます。
Hadoop Hive (JDBC経由)インポートブリッジ: SQL ServerでMetastoreを新しくサポート Hive MetastoreがSQL Serverでサポートされるようになりました。
SAP BusinessObjectsインポートブリッジ 同インポートブリッジでのエラー処理が向上しました。セッションIDがデバッグログメッセージとして表示されるようになりました。
Talend Data IntegrationとMicrosoft Data Lake Storageのインポートブリッジ: 重複テーブル/スキーマのマージによるインポートの改良 Talend Cloud Data Catalogで、大文字小文字の区別の問題による重複テーブル/スキーマが1つのテーブル/スキーマにマージされるようになりました。
Microsoft Azure Data Lake Storage Gen2: Shared Access Signature (SAS)認証トークンを新しくサポート Shared Access Signature (SAS)認証トークンがサポートされました。
  • Access keyパラメーターの名前が、Access key、SAS token、Tenant-Id/Client-Idのいずれかに変更されるようになりました。
  • テストおよび参照アクションが改良されました。
  • 認証の利用: 'Shared access signature' (SAS)ログメッセージが追加されました。
  • ブリッジでHadoop v.3.3.0が使用されるようになりました。
  • External\mimb\Hadoop\3.3.0\share\hadoop\tools\lib\hadoop-azure-3.3.0.jarにデザインタイムHadoopライブラリーv.3.3.0が追加されました。
Talend Data Integration / Microsoft Data Lake Storage: モデルのスティッチング 接続パスにコンテナーが追加されました。

注目される修正

問題 説明
Talend Data Integration: tDBRowのクエリーでアスタリスクが使われている場合は来歴が作成されないようになりました。 「レコードセットの伝播」機能のサポートが追加されました。
Oracle(JDBC経由): IllegalArgumentExceptionsが複数あると失敗する Oracleスキーマクエリーが修正されました。
Informatica PowerCenter: java.lang.NoSuchMethodErrorでインポートが失敗する ResolveParameter()署名が修正されました。
Denodo Virtual DataPort: スキーマ名とビューが表示されない データベースDB2の検索が修正されました。
Teradata DML Script (TPT): テーブルがない APPLY演算子のサポートが向上
Javaベースのエクスポートブリッジ: 新しいパラメーター Javaベースのブリッジにパラメーターが各種追加されました。
SAP PowerDesigner: アクセス違反(C0000005)と共に失敗する 関連付けの二重属性が修正されました。
データベース(JDBC経由)インポートブリッジ: データサンプルで同じ行がいくつか表示される 同じサンプリングで重複しているレコードが修正されました。
QlikSense: 式の構文が認識されない(またはサポートされていない) 解析ログファイルが修正されました。"section" キーワードのサポートとバックアップ機能が追加されました。
Talend Data Integration: Accessキーが暗号化されると不必要なS3フォルダーが作成される 接続名で使われるアクセスキープロパティに派生する余分なスラッシュ記号が削除されました。
SAP S/4HANA / ECC: モデルに一貫性がない 無効なFKが削除されました。
Apache Atlas: -ppusオプションによるサマリー来歴の処理時にGUIDが抽出されない ポストプロセッサーとサマライザーを改良しブリッジタイプごとに動作をカスタマイズできるようにすることでGUIDの処理が修正されました。
Oracle (JDBC経由): システムリリースバージョンに関する問題 Oracleシステムリリースバージョンの検出が向上しました。
Microsoft SSRS 2012: 共有データセットを使ってレポートを作成する時にデータセットとデータソースをインポートできない 外部データセットとソースをロードするブリッジが改良されました。
Oracle (JDBC経由): モデルが一貫していない。引数が型に関連付けられている必要がある データ型が修正されました。
SAP BusinessObjects: バージョン14.3のサポートを追加 BusinessObjectsバージョン14.3 (BO XI 4.3)のサポートが追加されました。
データベース(JDBC経由)インポートブリッジ: -backupパラメーターの問題 スキーマパラメーターのフィールドに256文字を超える文字が含まれている場合に発生していた、単一モデルのバックアップの保存に関する問題が修正されました。

ブリッジが複数のデータベースをインポートする場合に発生していた、単一モデルの復元に関する問題を修正しました。

Talend Data Integration: ダイナミックジョブでのjava.io.FileNotFoundExceptionエラー インポートエラーが修正され、エラー処理が向上しました。
Oracle ODI: テスト接続が失敗する I/O例外処理が向上し、新しいデバッグメッセージが追加されました。
Microsoft SQL Server (JDBC経由): MITI.MIRException: 大文字小文字を区別するデータベースを持つ親テーブルに名前付きのカラムが既に存在する モデルレベルでの大文字と小文字の区別検出とモデルのSystemCaseプロパティが修正されました。
データベースSQL DML (DI/ETL)スクリプト: 増分インポートパラメーターを-cache.clearオプションに置き換え 増分インポートパラメーターが-cache.clearオプションに置き換えられました。
SAP HANA: データベース名が常に「Database」になる データベース名が修正されました。
Hortonworks Hadoop Hiveデータベース(HCatalog経由、およびJDBC経由のMetastore): Oracle Metastoreで SQLエラー(ORA-904)が発生する OracleでホストされているHive Metastoreのサポートが追加されました。
Oracle OBIEE: MBI_OBIEE_E0031: 'com.ctc.wstx.exc.WstxEOFException: javax.xml.streamのprologで予期しないEOFが発生する 無効なFKカラムで発生していたIndexOutOfBoundsExceptionエラーが修正されました。
Oracleデータベース(JDBC経由): テスト接続がORA-12505で失敗する 新しいデバッグメッセージとコメントが追加され、例外処理が改良されました。
データベースSQL DML (DI/ETL)スクリプト(TransactSQL): カラムの伝播 出力テーブルのカラム来歴が入力テーブルから*として派生するようになりました。
Microsoft SSIS: ExcelとしてのSQLクエリーをソース/ターゲットオブジェクトとしてMITIが抽出すると、EDCで来歴が破損する ファイルストアでのSQLのサポートが追加されました。
データベースSQL DML (DI/ETL)スクリプト(TransactSQL): BULK INSERTを新しくサポート SQL ServerでBULK INSERTのサポートが追加されました。