Talend Cloud Data Catalogのブリッジ - Cloud

Talend Cloud Data Catalogリリースノート

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
task
データガバナンス
リリースノート

新しい機能と改良点

機能 説明
Talend Data Integration: tDeltaLakeConnectionの新しいサポート ブリッジでtDeltaLakeConnectionコンポーネントがサポートされるようになりました。
Informatica PowerCenter: 新しいサポート ブリッジでAmazon RedshiftとSnowflakeのクラウドリーダーがサポートされるようになりました。
Teradata Database (JDBC経由): 新しいサポート ブリッジでキューテーブルがサポートされるようになりました。
Snowflake Database (JDBC経由): 新しいサポート ブリッジでは以下のことがサポートされるようになりました:
  • ORDER BY句でのNULLS LAST/FIRST
  • WITHIN GROUP
  • END名パート
Microsoft SSAS: XMLAファイル ブリッジでValue.NativeQuery()関数がサポートされるようになりました。

注目される修正

問題 説明
IBM OpenIGCのエクスポート / Talend DIのインポート: OpenIGCブリッジを使ってTalendのインポートを行う時に接続をマッピングできない Win/*NIXのパスに対応したファイルストアのサポートが修正され、分割をサポートする接続マッピングが改善されました。
Teradata (JDBC経由): Teradata特定のその他のパラメーターオプション 非推奨のオプションとなった-tが削除され、クロスモデルのビューカラムのデータ型の検出が追加されました。
SAS Data Integration / SASライブラリー SASライブラリー(libref)の名前では大文字と小文字が区別されます。たとえばFinanceとFINANCEはそれぞれ異なるSASライブラリーとなります。

SASライブラリーのインポートブリッジで、"SystemCase=CaseType.SENSITIVE"でマークされたモデルが作成されるようになりました。

SASライブラリーのブリッジとSAS Data Integrationのブリッジでは、TableNameプロパティが一意でないため、PhysicalNameとして使用されなくなりました。

Greenplum (JDBC経由): ストアドプロシージャー / 関数でデータフローがない ドキュメント化されていないELSEIFというキーワードのサポートが追加されました。

"var1 = count(1) from tmp_TextFile;"のような代入文のサポートが追加されました。

AWS S3 Storage: ルートディレクトリー * / "IllegalArgumentException: Access key cannot be null (アクセスキーはNULLにはできません)" アクセスキーIDパラメーターを通常の文字列型に設定します。

ルートディレクトリーパラメーターで、利用可能なすべてのバケットからインポートするかどうか指定できるようになりました。

Oracle ODI: インポートはNullPointerExceptionが返されて失敗する デバッグメッセージが追加され、認証クリーンアップが最適化されました。
Snowflake DML: データフローが正しく表示されない CREATE TASK文のサポートが追加されました。