Talend Cloud Data Catalogのブリッジ - Cloud

Talend Cloud Data Catalogリリースノート

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Data Catalog
Content
データガバナンス
リリースノート

新しい機能と改良点

機能 説明

Amazon RedShift (JDBC経由): IAM JDBC String認証のサポート

コードが更新され、IAM認証情報を使ってURLをビルドするようになりました。

アクセスキーIDパラメーターとシークレットアクセスキーパラメーターが追加されました。URLロギングが削除されました。

Excelファイル(XLSX): ツールチップをアップデート ブリッジのツールチップに制限事項セクションが追加されました。

IBM Cognos Content Manager: Cognosのパラメーター化済み接続をサポート

マクロ処理用にMacro values fileという新しいパラメーターが追加されました。

Hadoop Hive (JDBC経由) / Databricks: Hiveの外部来歴とXMI入力を変更

Hiveの外部来歴とXMI入力が変更されました。
QlikSense Server: サポートされているバージョンをアップデート サポートバージョンされているがアップデートされました。

Microsoft Power BIファイル: プロファイルを改善

Entity Reportという名前がReport Layoutに変更されました。

Microsoft Azure Purviewのエクスポート / Databricks Delta Lake Hadoop Hiveデータベース: ストレージエンティティを有効化

ストレージエンティティが有効化されました。

注目される修正

問題 説明

Microsoft Azure Data Factory: バージョンなしでシークレートを取得できない

デフォルトバージョンをサポートするよう、Azure Secret Vaultが改善されました。

QlikSense Server:「エラー: ハンドシェイクレスポンスが受信されませんでした」

ブリッジのドキュメンテーションのFAQセクションが改善されました。

SAP Business Warehouse 4 HANA (BW/4HANA)またはMicrosoft Azure Purviewのエクスポート: 「java.lang.IllegalArgumentException: 無効な引数: 同じSourceFeatureをSummaryMapに追加できません」というエラー

IllegalArgumentExceptionが修正されました。

Hadoop Hive Metastore: 繁体字中国語でテーブルカラムのインポートが失敗する

カラムコメントのインポートが修正されました。

IBM InfoSphere Data Architect (IDA)、Erwin DM、IBM InfoSphere Data Architect (IDA)のエクスポートで「Exception: java.lang.NoClassDefFoundError: org.osgi.service.prefs.BackingStoreException」というエラーが発生する

クラスパスにorg.eclipse.equinox.preferencesプラグインが追加されました。

Tableau: MITI.server.services.common.ServiceException

エラーメッセージのロギングが改善されました。

Tableau: ワークブックとデータソースの説明属性をサポート

ワークブックとデータソースの説明属性が追加されました。

Talend Data Integrationのエクスポート / Informatica PowerCenterインポート: 未接続のルックアップでマッピングされてしまう

組み込まれている未接続のオブジェクトで発生していたnullポインターエラーが修正されました。

SAP HANA: 特殊タイプの計算ビューで来歴が表示されない

ブリッジの仕様に制限が追加されました。
ファイルシステム: CSVでヘッダーが表示されない ヘッダー行の検出ロジックが修正されました。

Talend Data Integrationのエクスポート / Informatica PowerCenterインポート: ログファイルの有用な概要が生成されない

Talend Data Integrationログ形式のサポートが追加されました。

Oracleデータベース(JDBC経由): モデルが検証済みモデルに属していない

スキーマチェックサムクエリーのパフォーマンスが改善されました。

データベースからコメントをインポートしないよう、-no.commentsというその他のオプションが新しく追加されました。

SAP HANA: 予期しないシステムスキーマがインポートされる

システムオブジェクトのシノニムがインポートから削除されました。一部のスキーマがシステムスキーマと見なされるようになりました。

IBM InfoSphere Data Architect (IDA)のエクスポートおよびIDERA ER/Studio Data Architectのエクスポート: 注釈が部分的にしか添付バインドに変換されない

空のプロパティ名やアタッチメント名が含まれる注釈でスキップが追加されました。

Oracleデータベース(JDBC経由): 特殊文字が含まれているためメタデータを収集できない

名前に非表示文字が含まれているカラムが無視されるようになりました。

Snowflake (JDBC経由): クエリーログでエラーが発生する

二重引用符で囲まれたスキーマ名が修正されました。
Tableau: StringIndexOutOfBoundsException StringIndexOutOfBoundsExceptionエラーが修正されました。

Snowflake (JDBC経由): データベースパラメーターが空の場合は接続が確立されない

ツールチップがアップデートされました。

Microsoft SSAS/SSRS: その他パラメーターのツールチップが見つからない

その他ツールチップが修正されました。

Tableau: 返されるオブジェクトタイプに一貫性がない

分類子にディメンションタイプの監視コードが追加されました。