カスタムメタデータによるデータセットのエンリッチ化 - Cloud

Snowflake版Talend Cloud Data Inventory入門ガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Data Inventory
Talend Data Preparation
Talend Pipeline Designer
task
データガバナンス
Talend Cloud Data Inventoryは、構造化済みメタデータシステムを作成し、カスタム値をデータセットに自由に適用する方法を提供します。

まず最初に[Custom attributes] (カスタム属性)メニューを使い、事前定義された一連のルールに従って新しいメタデータ情報を作成して、データセットをタグ付けします。たとえば同じカテゴリーに属するデータセットを検索する場合、よりよくドキュメント化されたインベントリーであればフルに活用できます。

Talend Cloud Data Inventoryでは、カスタム属性定義が次の2つのカテゴリーに分類されています。

  • [List of values] (値のリスト)タイプ: ユーザーが選択する互換性のある値のリストを作成します。
  • [Text] (テキスト)タイプ: ユーザーが制限なしに値を自由に入力できます。

データセットにメタデータを追加する別の方法として、データセットの[Overview] (概要)から簡単にタグを適用することもできます。任意のテキストを付箋のようにラベルとして自由に追加でき、意味のあるキーワードでデータセットをドキュメント化できます。カスタム属性とは異なり、定義済みの定義に従う必要はありません。

これからやろうとしていることは、To cleanという名前の新しいカスタム属性を作成し、クレンジング操作が必要かどうかという情報を提供することです。考えられる値はyesnoです。さらに、その他の情報のタグも追加します。