データセットの概要の見方 - Cloud

Snowflake版Talend Cloud Data Inventory入門ガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Data Inventory
Talend Data Preparation
Talend Pipeline Designer
Content
データガバナンス

Talend Cloud Data Inventoryでデータセットを作成した後に開く最初のウィンドウは、データセット詳細ビューの[Overview] (概要)タブです。これは、リストからデータセットを選択する時にデフォルトで到達するページでもあります。

すべてのデータセットを保管する機能とは別に、アプリケーションは、メタデータ情報に簡単にアクセスし、各資産の詳細とコンテンツを掘り下げることができるようにも設計されています。このような別のレベルの情報に対するエントリーポイントが、データセットの詳細ビューです。

データセットの[Sample] (サンプル)タブと[Configure] (設定)タブを開くこともできますが、今は[Overview] (概要)タブで利用可能な情報に焦点を当てます。

一目で検索できる情報はタイル形式で構造化されています。

  • Talend Trust Score: グローバルなこのクオリティ指標は、複数のメトリックを単独かつ理解しやすいスコアに集計し、0~5のスケールで表します。
  • [Details] (詳細): データセット作成者、作成日、最終変更日、変更者に関する基本情報。
  • [Data quality] (データクオリティ): データセットサンプルにある空の値、無効値、有効値の再分割。
  • [Rating] (評価): データセットの個別およびグローバルな評価スコア。
  • [Description] (説明): データセット上に共有するコンテキスト情報を含めるために追加できるオプションの説明。
  • [Pipelines] (パイプライン): このデータセットをソースまたはデスティネーションとして使用するパイプラインをリストです。
  • [Preparations] (プレパレーション): このデータセットをソースとして使用しするプレパレーションのリストと、このデータセットと互換性があり直接適用できるプレパレーションのリストです。
  • [Custom attributes] (カスタム属性): データセットをより適切にドキュメント化および分類できるよう、事前定義属性にメタデータ値を適用します。
  • [Tags] (タグ): コンテンツを説明し、検索をしやすくするためにデータセットに自由にラベルを追加します。