データセットへのカスタム属性値の適用 - Cloud

Talend Cloud Data Inventoryユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Data Inventory
task
データガバナンス
データクオリティとプレパレーション > データの充実化
データクオリティとプレパレーション > データの識別
データクオリティとプレパレーション > データセットの管理
管理と監視 > 接続の管理

カスタム属性定義が設定されると、指定された値フリーテキストをデータセットに適用したり、データセット概要でいつでも変更できます。

手順

  1. リストから任意のデータセットを選択します。
    データセット概要パネルが開き、カスタム属性タイルが表示されます。カスタム属性定義が存在し、設定されている場合はデフォルト値が表示されます。これらは変更できるほか、空の項目も変更できます。
  2. カスタム属性のタイプによって、2つの可能性があります。
    • 値のリストに基づいてカスタム属性を定義する場合は、ギアアイコンをクリックし、開いたドロップダウンリストから、いずれかの事前定義値を選択します。
    • フリーテキストに基づくカスタム属性定義の場合は、ギアのアイコンをクリックし、開いたテキストフィールドに任意の値を手動で入力します。チェックアイコンをクリックして検証します。

タスクの結果

特定の属性に必要な値が適用されます。値はいつでも、同じメソッドを使って変更したり空のままにしたりできます。