値のリストに基づくカスタム属性定義の作成 - Cloud

Talend Cloud Data Inventoryユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Data Inventory
Content
データガバナンス
データクオリティとプレパレーション > データの充実化
データクオリティとプレパレーション > データの識別
データクオリティとプレパレーション > データセットの管理
管理と監視 > 接続の管理
このタイプのカスタム属性定義では、ユーザーは事前定義項目のリストからカテゴリーの値を選択できます。 会社のさまざまな部門の従業員が行った投票とアンケート結果を統合するさまざまなデータセットの例を見てみましょう。これらのデータセットにはそれぞれ、R&D、マーケティング、販売など、特定の部門やビジネスドメインに関する情報が含まれています。ビジネスドメインに関するこの情報を、データセットのメタデータとして利用できるようにしたいとします。これを行うには、値のリストに基づいてカスタム属性の新しいカテゴリーを作成します。これにより、ユーザーはデータセットに焦点を当てたビジネスドメインを自由に追加できます。このメソッドによって、全データセットのメタデータで一貫性ある統一フォーマットが可能になります。

手順

  1. ホームページの左パネルで[Custom attributes] (カスタム属性)ビューを開きます。
  2. [Add custom attribute] (カスタム属性を追加)ボタンをクリックします。
  3. [Name] (名前)フィールドにBusiness domainと入力します。
  4. オプションとして、該当するフィールドに説明を追加します。
  5. [Type] (タイプ)ドロップダウンリストから、[List of values] (値リスト)を選択します。
  6. 許可されたエントリーのリストへの値の追加を開始するには、[Values] (値)フィールドの横にある[+]アイコンをクリックします。
  7. [New entry] (新規入力)フィールドにFinanceと入力し、チェックアイコンをクリックして検証します。
  8. この操作を繰り返して次の値を追加し、会社に関連するビジネスドメインのリストを完成させます。
    • HR
    • IT
    • 法務
    • マーケティング
    • 営業
  9. [Mandatory] (必須)トグルは選択しないでください。
    新しい属性を必須にすると、特定のデータセットに対してその値を空のままにすることはできなくなり、専用フィールドにデフォルト値を入力しなければならなくなります。これは、たとえば[Security classification] (セキュリティ分類)のように、より機密性が高いステータスを持つ属性を設定する場合に便利です。
  10. オプションとして、該当するフィールドに[Default value] (デフォルト値)を追加します。
  11. [Validate] (検証)をクリックします。

タスクの結果

定義済みの値のリストに基づく新しい[Business domain] (ビジネスドメイン)属性が作成され、データセットの[Overview] (概要)に記載されます。