データセットからのパイプラインやプレパレーションの作成 - Cloud

Talend Cloud Data Inventoryユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Data Inventory
Content
データガバナンス
データクオリティとプレパレーション > データの充実化
データクオリティとプレパレーション > データの識別
データクオリティとプレパレーション > データセットの管理
管理と監視 > 接続の管理

Talend Cloud Data Inventoryに追加したデータセットは、パイプラインのソースやプレパレーションのための原料として簡単に使用できます。

データセットリストとデータセット詳細ビューでは、他のTalend Cloudアプリケーション、つまりTalend Cloud Pipeline DesignerTalend Cloud Data Preparationの直接のエントリーポイントとなるため、データアセットをシームレスにクレンジングしたり、さらに変換したりできます。

手順

  1. データセットからパイプラインやプレパレーションを作成する場合は、オプションがいくつかあります。
    • データセットリストで、プレパレーションのソースマテリアルとして使うデータセットの上にマウスを置きます。
    • データセット詳細ビューから、サブヘッダーバーの右上に移動します。
    • データセットビューから、[Pipelines] (パイプライン)タイルか[Preparations] (プレパレーション)タイルに移動します。
  2. そこから次のいずれかを実行できます。
    • このデータセットをソースとしてパイプラインのデザインを開始する場合は、Talend Cloud Pipeline Designerアイコンをクリックするか、[Pipelines] (パイプライン)タイルに移動します。
    • このデータをソースマテリアルとしてプレパレーションでの作業を開始する場合は、Talend Cloud Data Preparationアイコンをクリックするか、[Preparations] (プレパレーション)タイルに移動します。
      警告: Talend Cloud Data Preparationでは階層型データセットがサポートされておらず、そこからプレパレーションを作成することはできません。
    選択したアプリケーションに応じて、このデータセットから作成された既存のパイプラインまたはプレパレーションが作成者と共にリスト表示されます。

    プレパレーションの場合は、既存のプレパレーションのリストだけでなく、互換性があるプレパレーションのリストも表示できます。これらのプレパレーションは現在選択しているデータセットと同じモデルを持つデータセットで作成されており、[Use] (使用)ボタンをクリックすれば直接適用できます。

  3. [Add] (追加)をクリックすると、新しいパイプラインやプレパレーションが作成されます。

タスクの結果

専用アプリが開き、パイプラインやプレパレーションの作成を開始できます。
注: データセットをパイプラインやプレパレーションのソースとして使用している場合、そのパイプラインやプレパレーションが削除される前にデータセットを削除することはできません。