Talend Cloud Data Inventory - Cloud

Talend Cloud Data Inventoryユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Data Inventory
Content
データガバナンス
データクオリティとプレパレーション > データの充実化
データクオリティとプレパレーション > データの識別
データクオリティとプレパレーション > データセットの管理
管理と監視 > 接続の管理

下のアーキテクチャー図はTalend Cloud Data Inventoryの機能ブロックを示したものです。

この図は、ローカルネットワークとクラウドインフラストラクチャーという2つの主要な部分に分かれています。

ローカルネットワーク

ローカルネットワークには、Talend Cloud Data Inventoryでのデータセットへのアクセスや管理に使われるWebブラウザー、および他のTalend Cloudアプリケーションからのオブジェクトの実行、接続の作成、データサンプルのフェッチに使われるRemote Engine Gen2が含まれています。

クラウドインフラストラクチャー

クラウドインフラストラクチャーには、一部のデータセットサービスに依存するクラウドアプリケーションとCloud Engine for Designが含まれています。

  • データセットサービスは、統合されたデータセットリストをTalend Cloud内で提供します。
  • Talend Cloud Data Inventoryは、データセットコレクションにアクセスして管理する中心的な場所です。データをすばやく検索し、クオリティ、レート、ドキュメントを評価したり、他のデータコンシューマーと共有したりできます。
  • Talend Cloud Data PreparationおよびTalend Cloud Pipeline Designerは、一般的なデータセットインベントリーからメリットを得る他の2つのアプリケーションであり、データをクレンジングまたは変換できます。
  • Talend Cloud Management Consoleでは、ロール、ユーザー、プロジェクト、ライセンスを管理できます。クラウドアプリケーションの新しいユーザーを作成し、カスタムグループに割り当てます。その後、ロールを決定し、ユーザーに割り当てます。
  • Cloud Engine for Designは、アーティファクト、タスク、プレパレーション、パイプラインをクラウドで実行するほか、接続を作成したりデータサンプルをフェッチしたりするために使われます。