Talend Cloud Data Preparationの簡単な例 - Cloud

Talend Cloud Data Preparationの簡単な例

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Data Preparation
Content
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング

このドキュメントのユースケースでは、Talend Cloud Data Preparationを使ってデータのフォーマットやクレンジング化を行う方法について説明します。

アプリケーションに組み込まれたガイド付きツアーからデモデータセットとその上に作成されたデモプレパレーションをインポートすれば、データ全体の品質向上につながるアイデアが得られます。
  • Customersデータセットは、Standardizeプレパレーションのソースとして使われます。ここでは、州名の標準化、無効なレコードの削除、電話番号の統合、日付を含めた形式の変更、マスキング機能を使ったデータの保護について説明しています。スマート入力機能は、日付を対応する曜日に変換するために使われます。
  • Build_emailプレパレーションではMarketing LeadsデータセットとEmails Referenceデータセットを使い、それらを結合して顧客名、会社名、対応するドメインアドレスからメールアドレスを再作成します。

アプリケーション内で直接利用できるこれらのアプリケーションに加え、このページの左パネルにある[Downloads] (ダウンロード)タブで他のデータセットをダウンロードして使用すれば、次の例を完了させることができます。