代入式 - Cloud

Talend Data Shaping Languageリファレンスガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Data Shaping Language
Content
ジョブデザインと開発

代入式を使って、識別子に値を割り当てます。

代入式は2つの方法で構造化できます:
  • identifier = expression
  • let identifier = expression

結果は両方の構文で同じです。letキーワードを使って、代入式が比較式として解釈されないように確認できます。

値は、どのサポートされているデータ型でも、式でも可能です。例:
PI = 3.1415f
let preferences.color = 'yellow'
stats.average = (data.a + data.b) / 2
LET message = concat(string.a, ' ', string.b)