比較式 - Cloud

Talend Data Shaping Languageリファレンスガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Data Shaping Language
Content
ジョブデザインと開発

比較式で以下の演算子を使用できます:
  • =または==: "equal to"
  • !=: "等しくない"
  • <: "未満"
  • <=: "以下"
  • >: "より大きい"
  • >=: "以上"

数値タイプに比較される時に、文字列とバイトを数値タイプに変換できます。たとえば"1" < 2の場合は、"1"が整数に変換されて比較が行われます。文字列を数値タイプに変換できない場合は、例外が発生します。

ブール値を文字列に比較すると、大文字/小文字に関わらず、"true"という文字列はtrueとして解釈され、他の文字列はfalseとして解釈されます。

次の例はtrueを返す有効な比較式です:
2 < "3"
"200" >= 100
2 == "2"
"true" == true
0x0A == 10
"5e+2" == 500