論理式 - Cloud

Talend Data Shaping Languageリファレンスガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Data Shaping Language
Content
ジョブデザインと開発

論理式で以下の演算子を使用できます:
  • &&: "and"
  • ||: "or"
  • !: "not"

&&および||という演算子は、リテラル値、識別子、関数、式のいすれかの間で使用できます。式が代入式として解釈されうる場合は、括弧で囲む必要があります。たとえばstring1 = "Hello " && string2 = "World!"string1という識別子の代入式として解釈されます。有効な論理式は、(string1 = "Hello ") && (string2 = "World!")またはstring1 == "Hello " && string2 == "World!"のどちらかになります。

!という演算子は、リテラル値、識別子または関数、括弧で囲まれた式のいずれかが直接に後続できます。

以下の例は有効な論理式です:
customer.status.defined && customer.status.enabled
customer.birthday.defined || customer.age.defined
itemId == 1 && itemQuantity > 0
!customer.credentials.activated
!contains(customer.name, 'Dr')
!(customer.id == order.cust_id)