製品レコードをまとめるレゾリューションキャンペーンを追加 - Cloud

Talend Cloud Data Stewardshipの例

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Data Stewardship
Content
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理

Resolution (レゾリューション)キャンペーンを使用すると、無効または欠損している値などデータレコードの異常を解決できます。

キャンペーン所有者として、キャンペーンを作成し、管理するデータの構造、データに対して実行されるアクション、およびどのデータスチュワードがどのタスクを実行するかを決定する必要があります。

企業の製品カタログで製品レコードの一部の値を修正する、または入力する必要があるシナリオについて考えてみます。最初の検証ステップを製品レコード内の価格値の承認に使用し、2番目の検証ステップを製品レコードの承認に使用することで、カタログに最も完全で正確な情報が載るようにしたいと考えています。

この作業が完了すると、たとえばTalendジョブによりクレンジングされたデータをマスターデータ管理(MDM)リポジトリーにアップロードできるようになります。

始める前に

  • 管理者がスチュワードシップユーザーを作成し、Talend Cloud Management Consoleでロールを割り当てていること。ユーザーの管理の詳細は、Talend Cloud Management Consoleユーザーガイドを参照してください。

  • キャンペーン所有者のロールがTalend Cloud Management Consoleに割り当てられているか、データモデルとキャンペーンを追加および管理する権限を持つロールが割り当てられています。

  • ユーザーがキャンペーンの所有者としてTalend Cloud Data Stewardshipにアクセスしていること。