統合マッチングによって作成されたマージタスクを処理 - Cloud

Talend Cloud Data Stewardshipの例

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
task
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理

Talend Cloud Data Stewardshipで自動的に作成されたマージングキャンペーンに対するアクセス権を持つデータスチュワードは、マージングタスクにアクセスし、重複レコードを1つのマスターレコードに手動でマージする必要があります。これにより解決済みのデータがTalend MDM Web UIのステージングエリアに戻されます。

マージングキャンペーンでは、マスターフィールドの値のみを変更できますが、ソースフィールドの値は変更できません。

データ値をマージして変更を検証すると、タスクが解決済み状態に移行します。少なくとも1つの無効な値が含まれている限り、タスクを検証することはできません。

この例では、一致ルールに対して顧客レコードを検証する統合マッチング処理の結果として、Talend MDMから重複レコードが生成されています。

Talend Cloud Data Stewardshipでは、最初にマスターレコードを作成する属性がTalend MDMで作成されたサバイバーシップルールに基づいて決定され、マージングキャンペーンを使用してサーバー上にデプロイされます。ただし、レコード属性ごとにサバイバーシップルールを手動で変更するか、まったく新しい値を入力して、最も正確かつ信頼性の高いマスターレコードを完成させる必要があります。

始める前に

  • キャンペーン所有者のロールを持つMDM管理者はTalend MDM Web UIの顧客レコードを検証して、人手による介入を必要とする重複をTalend Cloud Data Stewardshipにデプロイしています。
  • キャンペーン所有者にはマージングキャンペーンへのアクセスが付与されています。
  • キャンペーン所有者からキャンペーンのタスクが割り当てられているはずです。割り当てられていない場合は、自分にタスクを割り当てることができます。

手順

  1. データスチュワードとしてログインします。
  2. [Task] (タスク)ページで、右上の検索アイコンをクリックし、tmdmと入力して、アクセスが許可された統合マッチングによって作成された[Merging] (マージング)キャンペーンのみをフィルタリングしてリスト表示します。
  3. キャンペーン名をクリックすると、割り当てられたタスクのリストが表示されます。
  4. カラムまたは右側のパネルに表示されているCharts(チャート)またはPattern(パターン)ビューのカラム上部のクオリティバーを使用して、作業対象データをフィルタリングします。
  5. 左上の下向き矢印をクリックして、リストのすべてのタスクを展開するか、特定のタスクの下向き矢印をクリックして展開します。
  6. サバイバーシップルールを設定して、顧客レコードから属性を選択し、マスターレコードを作成します。いくつかのアプローチが考えられます:
    • レコードの1つまたは複数の属性に対してサバイバーシップルールを手動で設定する: タスクのマスターレコード内の属性をポイントし、表示されるアイコンから、適用するサバイバーシップルールを選択します。

      • : 重複の中で最初の有効な属性値を選択します。「先頭」はタスク作成時のレコードの順番によって定義されます。

      • : 重複の中で最も共通する属性値を選択します。

      • : 重複の中で最も直近の属性値を選択します。

      • : 異なるソースからの重複の中で最も信頼されている属性値を選択します。

        選択した属性にルールが適用されない場合、アイコンはグレー表示されます。

    • 複数のレコードの1つの属性に対して、サバイバーシップルールを手動で設定します。

      1. カラム見出しをクリックし、右側のパネルでSurvivorship (サバイバーシップ)セクションを参照します。
      2. ボタンをクリックし、Survivorship rule (サバイバーシップルール)リストから、選択したカラムのすべての値に適用されるルールを選択します。
      3. [Submit] (送信)をクリックして最も一般的な名前の値を選択し、タスクのマスターレコードに追加します。
    • 指定したソース属性の値をマスターレコードの値として選択します: ソース属性をポイントし、上向き矢印をクリックしてマスターレコードで選択した値を設定します。
  7. 上記の手順を繰り返して、レコードを結合し、割り当てられたすべてのタスクのマスターレコードを作成します。
    特定のカラムの値を固定する必要がある場合は、右側のパネルに表示されている機能を使って一括変換できます。
  8. 変更したデータレコードの横にあるアイコンをクリックして、タスクの検証準備ができたことを示します。
    レコードの背景が緑で表示され、ロックアイコンは自動的に次のレコードに移動します。検証準備済みのレコードは再編集できますが、タスクの背景色はダークグレーの初期状態に戻ります。タスクを検証準備完了としてマークするには、カギのアイコンをもう一度クリックする必要があります。

    ロックアイコンの背景色が赤色の場合は、まずタスクの無効な値を修正してから検証準備完了としてマークする必要があります。

  9. ページ右上の[Validate Choices] (選択の検証)をクリックして、レコードに対して行ったカスタマイズを検証します。
    マスターレコードが作成され、検証されたレコードがリストから移動され、解決済みとしてマークが付けられます。

タスクの結果

承認されたタスクはワークフロー内の解決済み状態に移行し、解決済みとしてマークされます。リジェクトされたタスクは、ワークフローの最初のステップに移行され、新規としてマークされます。

次のタスク

Talend MDM Web UIのデータスチュワードは、レコードの状態の変更を考慮に入れるため、ステージングの検証を再度実行する必要があります。