製品レコードをまとめるレゾリューションタスクを処理 - Cloud

Talend Cloud Data Stewardshipの例

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
task
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理

レゾリューションタスクでは、タスクに含まれるレコードをまとめて、修正することを目的としています。データ修正とは、レコードの1つまたは複数のフィールドを修正することをいいます。レゾリューションタスクの結果として、クリーンレコードがデータスチュワードによって生成されます。

データ値を修正して変更を確定すると、タスクはワークフローで定義された次の状態に移行します。そこでは、どのデータスチュワードがどの状態を使用できるかが決まります。ただし、無効な値が含まれている限り、タスクを検証したり、準備完了としてマークしたりすることはできません。

このタスクについて

製品レコードを承認し、異常値を修正して、製品カタログに完全かつ正確な情報が含まれることを確認する必要があります。クレンジングされたレコードはMDMリポジトリーにアップロードできます。

このサンプルでは、タスクは2つの検証ステップに移行します。1つは、価格値を修正し、データ検査官がレコードに施した変更を承認または却下するステップ、2番目は、レコードに施された変更を受け入れて承認するか、または却下するステップです。最後の検証ステップを割り当てられたデータスチュワードは、タスクを解決済みとしてマークするか、またはワークフロー内の任意のステップに戻すことができます。

手順

  1. Tasks (タスク)ページで、この例のキャンペーン名Product Catalog (製品カタログ)をクリックして、割り当てられたタスクのリストを開きます。
  2. カラム上部のクオリティバーの色をクリックして、タスクリストを次のようにフィルタリングします:
    オプション 説明
    カラムタイプに一致する有効なデータを表します。
    グレー 空のフィールドを表します。ただし、必須フィールドの値が空の場合、白ではなく赤としてマークされます。
    カラムタイプまたはデータモデルのパラメーターセットと一致しない無効なデータを表します。
  3. 値は個別に修正するか、特定のカラムのデータの一括修正を行います。
    1. カラムの無効な値をダブルクリックし、フィールドに新しい値を入力してEnterを押します。
    2. 右側のパネルの機能を使用して、選択したカラムのすべてのデータを変換します。
  4. オプションとして、Product_URLカラムのリンクをクリックして製品アイテムの写真を開き、製品カタログ内の情報と一致するか確認します。
    注: URLがハイパーリンクとして表示されるのは、キャンペーンのデータモデルを定義する時にProduct_URLカラムのセマンティックタイプをURLに設定した場合に限られます。
  5. 上記の手順を繰り返して、無効な値をすべて変更し、キュレーションしたタスクを緑色でタグ付けします。
  6. 変更したデータレコードの横にあるアイコンをクリックすると、タスクの背景色が緑色の変わり、検証の準備が整ったことが示されます。
  7. 必要に応じて、修正してまとめられたタスクをクリックしてロックアイコンを表示し、アイコンをクリックしてタスクを最初の状態ダークグレーの背景色に戻します。タスクを検証準備完了としてマークするには、カギのアイコンをもう一度クリックする必要があります。
  8. ページの右上の[VALIDATE CHOICES] (選択の検証)をクリックして、タスクをワークフローの次のステップに移行します。
    Price validatorロールを割り当てられたスチュワードはタスクにアクセスできるようになり、同じ手順に従って価格値を修正し、データに施された変更の承認または却下を決めることができます。これにより、タスクはワークフロー内の2番目の検証ステップに送られます。

    Data validatorロールを持つスチュワードは、もう一度同じレコードの承認手順に従い、変更を承認または却下します。

タスクの結果

承認されたタスクはワークフロー内の[Resolved] (解決済み)状態に移ります。リジェクトされたタスクは、ワークフローの最初のステップに移行され、新規としてマークされます。