レゾリューションキャンペーンでワークフローを定義 - Cloud

Talend Cloud Data Stewardshipの例

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Data Stewardship
Content
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
ワークフローでタスクの1つの状態から別の状態への移行を制御します。キャンペーンタスクを解決するためにデータスチュワードがどのような作業を行うか、つまりどのスチュワードがどのタスクの状態にアクセスでき、どのような移行を処理できるかを定義します。

このタスクについて

Product Catalogキャンペーンで、ワークフローに2つの検証ステップを追加し、別々のスチュワードにデータを視覚化する特定の権限を与えるとします。最初の検証ステップを割り当てられたスチュワード、Price validatorのみが、価格値に対する読み書きアクセスを持ちます。

2つの検証ステップのそれぞれで、データスチュワードはタスクに対して行われた変更を承認または却下できます。最後の検証ステップに追加されたデータスチュワードData validatorは、タスクを解決済みとしてマークするか、またはワークフロー内の任意のステップに戻すことができます。

手順

  1. [ADD A VALIDATION STEP] (検証ステップの追加)をクリックし、1つの検証ステップをワークフローに追加します。
  2. [New] (新規)フィールドをクリックし、[Roles] (ロール)セクションで定義したロールを選択して、新しいタスクにアクセスを付与します。
  3. その他のフィールドでも同じステップを実行し、検証の最初と2番目の反復および解決済みのタスクへのアクセス権をどのデータスチュワードに与えるかどうかを決定します。
    解決済みのタスクにアクセスできるデータスチュワードは、タスクを再度開いて、ワークフローの以前の状態に戻すことができます。
  4. オプションで、ワークフロー内の任意のステップの名前の横にある編集アイコンをクリックし、必要に応じて名前を変更できます。
  5. [ADD CAMPAIGN] (キャンペーンの追加)をクリックしてキャンペーンを作成し、保存します。

次のタスク

  1. Talendジョブを使用してキャンペーンにタスクを読み込みます。

    詳細は、Data Stewardship componentsを参照してください。

    Talend Cloud Pipeline Designerではまた、キャンペーンに対する読み取りや書き込みも可能です。

    詳細は、Talend Cloud Data Stewardshipのキャンペーンを参照してください。

  2. タスクをデータスチュワードに割り当てます。

  3. タスクの解決を開始します。