データクオリティルールとは? - Cloud

Talend Cloud Data Stewardshipユーザーガイド

Version
Cloud
Language
日本語 (日本)
Product
Talend Cloud
Module
Talend Data Stewardship
Content
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理

データクオリティルールとは、キャンペーン内にある異常の検出に役立つビジネス要件のセットのことです。

データが準拠する必要のある値を定義します。一部のデータにのみデータクオリティルールを適用するように条件を追加できます。

データクオリティルールはテンプレートとして動作します。
  1. データクオリティルールをスタンドアロンオブジェクトとして作成します。ルールを定義する時に、変数と特定の値を使用できます。

    データクオリティルールが汎用であるため、変数とデータモデルの属性を関連付けると、各データモデルに応じてルールを変更できます。

    特定の値では、ルールを適用した全データモデルで同じ値を使用できます。

  2. データクオリティルールを適用して、データモデルに応じて変更します。

    データクオリティルールの変数とデータモデルの属性を関連付けます。

  3. データモデルを使って、キャンペーンを作成します。

    重要: データクオリティルールはレゾリューションキャンペーンおよびマージキャンペーンでのみ使用できます。データクオリティルールの結果を確認できるクオリティバーは、別のキャンペーンで使用できません。

  4. データクオリティルールは値を分類して、データを検証します。
    • 値は有効です。ルールステートメントをすべて満たしています。
    • 値は該当しません。条件を満たしておらず、代替の検証式が定義されていません。
    • 値は無効です。条件式は満たしていますが、検証式は満たしていないか、これらの値でルールを実行できません。たとえば、ルールが文字列と数値を比較する必要がある場合に発生します。エラーの詳細は、値の横にある赤い縦棒をクリックしてください。

必要に応じて、同じデータクオリティルールをいくつものデータモデルに適用できます。