クラスターモードにおけるTalend Data Preparationのアーキテクチャー - Cloud

Talend Cloudハイブリッドインストールガイド

Version
Cloud
Language
日本語
Operating system
Windows
Product
Talend Cloud
Module
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2024-02-27
次の図は、クラスターモードで設定したTalend Data PreparationTalend Dictionary Serviceのアーキテクチャーです。
クラスターモードにおけるTalend Data Preparationのアーキテクチャー図。

このアーキテクチャーは複数の機能ブロックで構成されています。

  • ロードバランサー。Talend Dictionary ServiceサーバーやTalend Data Preparationインスタンスへ同時にアクセスしている複数のユーザー間で負荷を分散します。
    ヒント: Talend Data PreparationTalend Data StewardshipTalend Dictionary Serviceでは同じロードバランサーを使用できます。これは物理ロードバランサーか論理ロードバランサーのいずれかとなります。
  • Talend Data Preparationインスタンス。
  • Talend Data Preparation内のデータに使用されているセマンティックタイプを追加、削除、編集する場合にオプションでインストールできるTalend Dictionary Serviceインスタンスです。
  • Talend Data PreparationTalend Dictionary Serviceの動作に必要となるさまざまなコンポーネントが含まれているブロック。具体的には、ストレージに使用するMongoDBの複数のインスタンス、メッセージング用のKafkaとZooKeeper、認証を管理するTalend Management Consoleです。