HTTPS接続でのtDataprepRunコンポーネントの使用 - Cloud

Talend Cloudハイブリッドインストールガイド

Version
Cloud
Language
日本語
Operating system
Windows
Product
Talend Cloud
Module
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2024-02-27

手順

  1. 以下の例では、Talend Data Preparation証明書かその認証機関を取得して、既存または新しい.jksファイルに追加します。
    keytool -import -trustcacerts -alias <cert-alias> -file <dp_certificate.crt> -keystore <truststore.jks>
  2. Talend StudioTalend Data Preparationの証明書を信頼させるためには、Talend Studioの起動に使用する.iniファイルを編集します。
    -Djavax.net.ssl.trustStore=/path/to/<trust-store.jks>
    -Djavax.net.ssl.trustStorePassword=<trust-store password>
  3. Talend Studioでジョブをデザインする時に、OnSubjobOkリンクを使ってtSetKeystoreコンポーネントをデータ入力コンポーネントに接続すれば、ジョブがTalend Data Preparationの証明書を信頼できるようになります。tSetKeystoreの設定方法の詳細は、tSetKeystoreをご覧ください。

タスクの結果

tDataprepRunコンポーネントの使用方法、およびTalendジョブでレシピを運用する方法は、Talendジョブでデータベースからデータのプレパレーションを行うをご覧ください。