Talend Runtimeをアップグレード - Cloud

Linux版Talend Cloudインストール&アップグレードガイド

Version
Cloud
Language
日本語
EnrichDitaval
Linux
Product
Talend Cloud
Module
Talend Artifact Repository
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Remote Engine
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
対象製品...

Cloud API Services Platform

Cloud Data Fabric

Talend Runtimeの一部のバージョン(7.3.1-R2022-09-RTや8.0.1-R2022-10-RTなど)はパッチからは取得できないため、ゼロからインストールする必要があります。

始める前に

Talend Runtimeのより新しいバージョンをダウンロードしてください。このバージョンは、お持ちのライセンスに応じて7.3.1-RYYYY-MM-RT8.0.1-RYYYY-MM-RTのいずれかになります。

手順

  1. 現在の Talend Runtimeでデータサービスやルートのタスクが実行中であれば、アップグレード後に再デプロイしやすいよう、そのリストを作成しておきます。
  2. Talend Cloud Management Consoleで、 Talend Runtimeで実行中のサービスをすべてアンデプロイします。
  3. 新しい Talend Runtimeを準備します。
    1. 新しい Talend Runtimeをインストールします。詳細は、 Talend Runtimeをインストールをご覧ください。
    2. 古い Talend Runtimeを停止します。サービスの停止はお使いのシステムサービスで手動で行うか、 Talend Runtimeを停止をご覧ください。
    3. オプション: 自分のカスタム設定を保持したい場合は、前の Talend Runtimeにあるetcディレクトリーのコンテンツを、新しい Talend Runtimeファイルにあるetcディレクトリーのコンテンツと比較します。その後に、自分専用の設定を新しい Talend Runtimeファイルに貼り付けます。
    4. 新しい Talend Runtimeを開始します。サービスの開始はお使いのシステムサービスで手動で行うか、を開始 Talend Runtimeをご覧ください。
  4. オプション: Talend Remote Engineの古いバージョンを使用している場合は、サービスを再デプロイしなくても済むよう、この機会にアップグレードすることをお勧めします。詳細は、Talend Remote Engineをアップグレードをご覧ください。
  5. Talend Cloud Management Consoleで、前に実行中だったデータサービスとルートのタスクをすべて、新しい Talend Runtimeに再デプロイします。