Remote EngineサービスのJavaヒープサイズを指定 - Cloud

Talend Cloudインストール&アップグレードガイド

Version
Cloud
Language
日本語
Operating system
Windows
Product
Talend Cloud
Module
Talend Artifact Repository
Talend Data Stewardship
Talend Management Console
Talend Remote Engine
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Content
インストールとアップグレード
Last publication date
2024-02-20
対象製品...

Cloud API Services Platform

Cloud Big Data

Cloud Big Data Platform

Cloud Data Fabric

Cloud Data Integration

Cloud Data Management Platform

Talend Remote Engineをシステムサービスとしてインストールした場合は、それに割り当てるJavaヒープサイズ(JVMメモリ)を調整できます。

推奨されるJavaヒープサイズは1GBです。
ヒント: Talend Remote Engineをシステムサービスとしてインストールしない場合、デフォルトで割り当てられるメモリはJVMインスタンス自体によって計算され、利用可能なメモリの4分の1となります。このケースで最大ヒープサイズを調整する必要があれば、-Xmxオプション(-Xmx1024M-Xmx1Gなど)を環境変数(JAVA_OPTSEXTRA_JAVA_OPTSなど)で使うか、<remote_engine_installation>/setenv/setenv.batを変更します。

手順

  1. エンジンを停止します。
  2. <remote_engine_installation>/etcを参照し、talend-remote-engine-wrapper.confファイルを開きます。
  3. wrapper.java.maxmemoryプロパティの値を1024に変更します。
  4. エンジンを起動します。